ここから本文です

久松郁実、初“フラワーバス”で「セクシーに撮れた」

Smartザテレビジョン 10/15(土) 18:06配信

モデルやグラビアアイドルに加え、10月からはドラマ「コック警部の晩餐会」(TBS)にレギュラー出演するなど女優としても活躍している久松郁実。彼女の3枚目のDVD「193(いくみ)」の発売記念イベントが10月15日にソフマップ秋葉原アミューズメント館で行われた。

【写真を見る】20歳の久松は「品がある大人な女性になりたい」とコメント

初めて行ったというバリ島で撮影された本作について「私が撮影するときは雨が降ることが多くて…でも今回は全く雨が降らなくて、今回は初めて晴れのビーチで撮影することができました。2015年は“台風女”だったのですが2016年は“晴れ女”になりましたね!」と振り返った。

“スポーツ好きな彼女”がテーマで「初めてフラワーバス(=花びらを敷き詰めたお風呂)で撮影したのですが、お花がキラキラしていてセクシーに撮れていると思います。あと、たき火を作ってもらってかっこいい大人っぽさが出せたんじゃないかな。それと今回は野球、水泳、バレーボール、ビーチバレーボールなどにも挑戦しました。野球のスポーツコスプレなど見どころ満載です」と自信をのぞかせた。

また、ロケ中のエピソードとして「バリは虫が多いんですけど、泊まっていた部屋がトイレもお風呂も外にあって…だから毎回ヒヤヒヤしながら行っていました(笑)」と明かす。

現在モデルや女優としても大活躍だが、大学にも通っている久松は「忙しいですが学校も楽しいので苦じゃないです。オフの日は、おばあちゃんに連絡してカフェに行ったりしています」とプライベートも充実している様子。

今後の目標は「また写真集を出したいです。これはずっと言っているんですが…(笑)、ドラマ『ナースのお仕事』が好きなので、ナース役やってみたいですね」とアピールした。

最終更新:10/15(土) 18:06

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。