ここから本文です

あの「女性のカラダ管理アプリ」が使いやすく、「かかりつけ医」的存在に

東京ウォーカー 10/15(土) 22:00配信

忙しい毎日で不調のサインがあってもなんとなくやりすごしてしまったり、サインに全く気付かないまま妊活に苦労したり。そんなとき、多くのの女性がとりあえずやることといえば、手元のスマホでポチポチッと検索してみることでしょう。

【写真を見る】早期発見が大切と言われる「乳がん」も、アプリと一緒に定期的にセルフチェックできる

そしてたどり着くのは、さまざまな女性向け情報サイト。ところがいろいろな見識がありすぎて、一生懸命読めば読むほど混乱してくる……なんて人も多いはず。でも、信頼できるヘルスケアアプリが手元のスマホに入っていたら、そんな回り道はしなくてすんだはず。



2013年より女性向けの有料アプリとして配信されていた、生理周期管理や妊活をサポートする「カラダのキモチ」。これが今月よりマルチキャリア対応リニューアル化するとともに、一部機能が無料化したので、利用を始める大チャンス。アプリの監修は、さまざまな女性誌等で絶大な信頼を集める産婦人科専門医の宋美玄先生だから、配信されている情報も、安心して利用できることうけあい。



アプリには、生理日・排卵日予測や基礎体温の記録、宋美玄先生をはじめとする専門家監修の健康に関する毎日のアドバイス、乳がんのセルフチェックといった機能が搭載されています。設定を変えることもでき、例えば「妊娠希望モード」にすれば、妊活に役立つアドバイスが届くよう。



さらに入力された基礎体温・生理周期データをもとに、生理不順や排卵異常が推定された場合や乳がんチェックで症状が見つかった場合は、メッセージの表示で医療機関での受診を促してくれます。診察にかかる費用は「お見舞金(5,000円~)」としてサポートしてくれるシステムもあり(支払い条件等はHPで確認を)、物理的にはもちろん、不安な気持ちになった気持ちもケアしてくれているかのよう。実際に、アプリ利用者の10人に1人が受診勧奨メッセージを受け取っており、2015年度は約1200件のお見舞金が支払われたという実績があるのだとか。それによって女性の健康支援への貢献が認められ、2016年5月にはヘルスケアアプリとしては唯一「日本サービス大賞」優秀賞を受賞。



今回のリニューアルでは、記念として胎内擬人化マンガで話題をさらった『子宮の中の人たち』の著者EMIさんによる描き下ろし漫画も無料配信中。配信中の新作では妊活中の女性や体に悩みを抱える女性が主人公とのことで、世の女性が抱える悩みを、あのシュールなタッチでどう表現しているのか、楽しみ過ぎ!?



健康を守るには正しい情報が何よりの味方になるから、信頼のおけるヘルスケアアプリをぜひ活用してみて。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:10/15(土) 22:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。