ここから本文です

【自転車レース】ドーハ世界選ロード・男子ジュニアはデンマークのエグホルムが優勝

CYCLE SPORTS.jp 10/15(土) 7:37配信

女子ジュニアはイタリアのバルサモがタイトル獲得

中東カタールの首都ドーハで開催中のUCIロード世界選手権は、10月14日にジュニア男女のロードレースを競った。

135.3kmで競われた男子ジュニアのロードレースは、予想通りの暑さに見舞われ、落車が多発する中、残り68kmでアタックがかかってレースが動いた。

20人ほどの選手が逃げ出した後、そこから個人タイムトライアルで優勝した米国のブランドン・マクナルティ、デンマークのユリウス・ヨハンセン、フランスのアレクシス・ブリュネルの3人がアタックして先行したが、ゴールまで残り36.7kmで追走グループに捕まり、先頭はふたたび20人ほどになった。

最終周回に入り、ゴールまで残り10kmを切って先頭グループからふたたびヨハンセンがアタックし、チームメートのヤコブ・エグホルムが合流。2人でゴールを目指すかと思われたが、残り7.5kmでヨハンセンは力尽きてしまった。

しかし、エグホルムはそのまま独走を続け、パンケーキフラットのサーキットコースでサプライズな逃げ切り優勝を果たした。2位にはドイツのニクラス・マルクル、3位にはスイスのレト・ミューラーが入った。

「信じられない。夢にも思っていなかった。これは世界で最高を競うものだけど、僕は自分が最高の1人だとは思っていなかったからだ」と、エグホルムは語っている。

日本勢は3選手が1分45秒遅れの集団でゴール。蠣崎優仁は42位、渡邉歩は60位、重満丈は62位だった。沢田桂太郎は途中リタイアした。

 
■男子ジュニア・ロードレース結果[10月14日/135.3km]
1 ヤコブ・エグホルム(デンマーク)2時間58分19秒
2 ニクラス・マルクル(ドイツ)+7秒
3 レト・ミューラー(スイス)+7秒
4 ルーカ・モッツァート(イタリア)+7秒
5 ジガ・ホルバット(スロベニア)+7秒
6 ジガ・イェルマン(スロベニア)+7秒
7 イデ・シュヘリング(オランダ)+7秒
8 ヤカ・プリモジッチ(スロベニア)+7秒
9 セドリック・ウレボ(ノルウエー)+7秒
10 ハリー・スウィーニー(オーストラリア)+7秒
42 蠣崎優仁(日本)+1分45秒
60 渡邉歩(日本)+1分45秒
62 重満丈(日本)+1分45秒
DNF 沢田桂太郎


74.5kmで競われた女子ジュニアのロードレースは集団ゴールスプリントでイタリアのエリーザ・バルサモが優勝。2位は米国のスカイラー・シュナイダー、3位はノルウエーのスザンヌ・アンデルセンだった。

日本の細谷夢菜は先頭集団でゴールし、35位に入った。下山美寿々は10分02秒遅れの70位だった。

■女子ジュニア・ロードレース結果[10月14日/74.5km]
1 エリーザ・バルサモ(イタリア)1時間53分04秒
2 スカイラー・シュナイダー(米国)
3 スザンヌ・アンデルセン(ノルウエー)
4 カロリナ・ペレキトコ(ポーランド)
5 レティツィア・パテルノステル(イタリア)
6 エマ・ノルスガール(デンマーク)
7 フランツィスカ・ブラウセ(ドイツ)
8 サンドラ・アロンソ(スペイン)
9 リアーネ・リッパート(ドイツ)
10 シモーネ・エグ(デンマーク)
35 細谷夢菜(日本)
70 下山美寿々(日本)+10分02秒

最終更新:10/15(土) 7:37

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。