ここから本文です

ハワイ食材を豆腐と味噌で「ちょこっと和風」に [おとなスタイル]

講談社 JOSEISHI.NET 10/15(土) 9:00配信

現地の食材で料理を楽しむ「おとなのハワイ」。ハワイ食材を豆腐と味噌で「ちょこっと和風」にアレンジするのが、飛田さん流。日本の味が恋しくなったら、是非!

豆腐のディップ

オリーブの塩漬けと水切りした豆腐にオリーブオイルを加え、ミキサーで攪拌したクリーミーなディップ。クラッカーと!

●材料(作りやすい分量)
豆腐…1丁
オリーブの塩漬け… 10粒
オリーブオイル…適量

●作り方
1:豆腐はキッチンペーパーまたは清潔なキッチンタオルで軽く水けをふき取る。

 オリーブは種があれば、取り除く。
2:ミキサーに1を入れ、なめらかになるまで攪拌かくはんする。

  途中、数回に分けてオリーブオイルを加え、好みのなめらかさに調節する。
3:器に2を盛り、クラッカーを数枚(分量外)のせる。

●食べ方
クラッカーやパン、野菜などにつけてどうぞ。

きゅうりのカルパッチョ

皮をむいてごく薄切りにすれば、この通り!みそに、しょうゆ、砂糖、オリーブオイルを加えたみそドレッシングをちょこっとのせて。

●材料(作りやすい分量)
きゅうり…2本
ヒカマ(メキシコ原産の豆科の植物)…1個

みそドレッシング
 ・みそ…大さじ1と1/2
 ・しょうゆ、水…各少々
 ・砂糖…ふたつまみ
 ・オリーブオイル…大さじ1

●作り方
1:きゅうりは皮をむいて縦半分に切り、スプーンで中の種をこそげとる。

  ヒカマは皮をむく。それぞれ薄切りにする。
2:みそドレッシングの材料は混ぜ合わせておく。
3:器に美しく1のきゅうりとヒカマを盛り合わせ、2をところどころにのせる。

なるべく薄く切ると、カルパッチョ感がアップ。



※ 材料はすべてハワイ・オアフ島のスーパーマーケットやファーマーズマーケットで購入したサイズが目安になっています。



飛田和緒さん(ひだ かずを) 料理家。35万部を突破した著書『常備菜』が、今なお人気。季節に寄り添った作りやすいレシピも支持率高し。ご主人と娘さんとの3人暮らし。

『おとなスタイル』Vol.4 2016夏号より
(撮影/長野陽一)

最終更新:10/15(土) 9:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。