ここから本文です

ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞に見る「ビジネスモデルとしてのノーベル賞」の凄さ

メディアゴン 10/15(土) 7:40配信

茂木健一郎[脳科学者]

***

賞の生命は、その「選考」過程にある。世間の評価を追認したり、既存の価値観に従うだけだったり、あるは業界内の「年功序列」の積み上げだったりすれば、そのような賞は一部の人たちに便利に使われるだけで、実質的な意味を失っていく。

ノーベル賞が「世界で最も成功したビジネスモデルの一つ」と言われるのは、その選考が優れていたからである。たとえば、田中耕一さん(2002年ノーベル化学賞)のように、同じ業界の中でも十分に知られていないような業績を掘り起こして受賞者に選ぶことで、「さすがノーベル賞」とその価値を高めてきた。

今回のノーベル文学賞がボブ・ディランさんに決まったことは、「選考」の実質的な意味ということで、賞の価値を高めるだろう。選考委員会は、ボブ・ディランさんの「詩人」としてのすぐれた資質、業績を挙げたが、そのような「本質」を見据える視点、見識がまず素晴らしい。

また、ポップ・ミュージックという、従来、小説や詩などの文学に比べればより大衆的だとみなされていた分野におけるボブ・ディランさんの業績に対して、価値観やヒエラルキーの枠を超えて、評価した点において、画期的な選考だと私は考える。

もちろん、革新的な選考には批判が伴う。英語のメディアを見ていると、ボブ・ディランさんの受賞に対して疑問を呈したり、批判する識者もいる。しかし、英国の美術賞、ターナー賞を見てもわかるように、批判されないような選考は、本来、革新性に欠けるのである。

世の中にはたくさんの賞があるが、ノーベル賞に学ぶべきは、選考にかけるエネルギー、手間、そしてそこに込められた実質を見据える視点であろう。

ノーベル賞という既成の「権威」を何も考えずにありがたがる態度では、なぜノーベル賞というビジネスモデルが成功したのか、その本質に到達できない。

茂木健一郎[脳科学者]

最終更新:10/15(土) 7:40

メディアゴン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。