ここから本文です

【ルヴァン杯決勝|採点&寸評】G大阪×浦和|ついにPKを止めた西川がMOM。浦和は関根、李、柏木など全体的に、G大阪も2ボランチを評価

SOCCER DIGEST Web 10/15(土) 16:53配信

G大阪――ボランチの今野、井手口が球際で強さを発揮。浦和に自由を与えず。

【チーム採点・寸評】
G大阪 6
準決勝・横浜戦の第2戦のあと、「リーグ戦でなぜ浦和に負けたのか(第2ステージ14節0-4は)分かっている」という丹羽の言葉通り、浦和対策を徹底。細部に至るまで修正し、堅い守備と効率的な攻撃を見せた。さすがガンバという粘りと勝負強さを見せたものの、PK戦で力尽きた。10冠まで、紙一重だった。

【ルヴァン杯決勝 PHOTO】G大阪 1(4PK5)1 浦和|激闘の120分+PK戦、試合前も後も! 特選写真!!

【G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 6.5
9分に関根のシュートを弾いたのを皮切りに、55分には高木との1対1を制し、75分にも再び高木のシュートを横っ飛びでボールを枠外へ。失点こそしたものの、好セーブでチームを救った。

DF
14 米倉恒貴 5.5
終始、関根のドリブルに手を焼いていた。同点とされたCKでは、マークが甘くなる痛恨。攻撃でもよくサイドを走っていたものの、チャンスでクロスの精度を欠いてしまい、会場にため息が漏れた。

5 丹羽大輝 5.5
大声を出して最終ラインをしっかり統率し、浦和の猛攻を水際で食い止める。ただ興梠の揺さぶりに引き出されることもあり、スペースを与えてしまった。

6 金 正也 6
丹羽ときチャレンジ&カバーの関係を構築し、空中戦で強さを発揮。相手の流麗なパスワークに振り回されなかった。ただラインを引きすぎた時間に、間延びしてしまった。

4 藤春廣輝 5.5
守備では金や倉田らと上手くコミュニケーションを取って、自サイドを切り崩されることは防いだ。しかし、攻撃面では良いスペースに走り込んでいたものの、自慢の快足を披露するシーンは限られた。

MF
21 井手口陽介 6.5
潰し屋として、中盤の底に鎮座。鋭い出足でボールホルダーに食らいつくとともに、広大な範囲をカバーしてみせた。

15 今野泰幸 6.5
危機察知能力の高さを生かして、ピッチのあらゆる場所に顔を出してセカンドボールを回収。攻撃時のボールの散らしも見事だった。G大阪が勝っていればMOM級の活躍。怖い今野が帰ってきた。

11 倉田 秋 6(87分OUT)
膨大なスタミナで右サイドを精力的に走り回る。ピンチのシーンでは身体を躊躇なく投げ出し、託されたタスクを忠実にこなした印象だ。

19 大森晃太郎 5.5(72分OUT)
倉田と同様に豊富な運動量を見せて、左サイドの大部分をカバー。後半には積極的に仕掛ける場面もあり、徐々にパフォーマンスを上げた。それでも決定的なシーンを作り出せなかった。

7 遠藤保仁 6.5
強烈なプレッシャーに晒されながらも、冷静さを失わずに淡々とプレー。相手の嫌がる先を呼んだポジショニングをとり、絶妙な技巧で周囲を助けた。

1/3ページ

最終更新:10/16(日) 0:31

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。