ここから本文です

麻疹流行から考える、副反応より怖いワクチンの「リスク」

Wedge 10/15(土) 11:20配信

 今年の夏から秋にかけて、麻疹(はしか)ウイルスの感染が拡大した。国立感染症研究所の報告では、2016年の麻疹報告数は9月25日までで計138件。とくに8・9月で報告数推移は急上昇を見せた。だが、9月後半からは感染は沈静化に向かい、同29日には大阪府が、33人に上った関西空港での麻疹集団感染について「終息」を発表している。

 今回は大規模な流行には至らなかった。だが、私たちは常に麻疹をふくむさまざまな感染症のリスクに晒されており、そのリスクがゼロになることはまずありえない。現代の医療をもってしても、人類がこれまで「撲滅」できた感染症は天然痘だけだ。ほかの感染症に対しては、より制圧レベルの低い「排除」や「制御」を目指しているのが実状だ。

 麻疹対策として、「取り得る唯一の方法はワクチン接種による予防である」(同研究所)という。ワクチンとは、感染症予防のために各種の病原体からつくった抗原のこと。接種することで免疫を得られるため、その感染症を免れることができる。

 ワクチン接種が感染症対策に効果的と言われながら、日本はワクチン接種の「後進国」とも言われてきた。厚生労働省や国立感染症研究所によると、2010年度以降、第1期(1歳児)では95%以上の高い接種率を保っているが、それでも根づよくはびこるのが、「(ワクチン接種は)百害あって一利なし」「なぜこんな副反応が出るの」「知られざる“ワクチン”の罪」といったネガティブな話だ。

 あらためて「ワクチン接種がもたらすもの」について考えてみたい。そう思い、国立国際医療研究センターを訪ねた。「感染症対策専門職」という肩書をもつ堀成美氏に話を聞くためだ。感染症対策に関する情報の収集や発信を仕事のひとつとしており、日本と世界の予防接種事情に詳しい。

「2回接種」を済ませていない世代

 「たしかに麻疹はワクチンのおかげで怖いものではなくなってきた感があります。しかし、感染症の怖さを忘れて、『予防接種なんて要らないのでは』と思ってしまうことが怖い。それこそがワクチンの“副作用”なのです」と、堀氏は話す。

 予防接種をしている人の率が高いほど、その感染症が拡大するリスクは低くなる。逆に、率が低いほど、ウイルス感染の連鎖を止められない人が社会に多くいることになるから、感染症拡大のリスクは高くなる。 

 「今回の麻疹についても、マスメディアが騒いだのでたいへんな問題に見えたかもしれません。でも、私たちからすれば、よく抑えられているなという感じです。ワクチン接種率の高さが効いているのでしょう。けれども、現状のレベルで満足してはいけません」

 堀氏は、ワクチン接種をめぐる、感染拡大を引き起こしかねない問題点を複数、挙げる。

 ひとつは「2回接種」を済ませていない世代があることだ。1回より2回ワクチンを接種するほうが、確実に感染予防の効果は高まると堀氏は言う。「1回接種した人の5%ぐらいは免疫が付かないのです。また、なんらかの理由で1回目の機会に接種しそこねたという人もいます」。

 現在20歳代後半以降の世代では、麻疹ワクチンや麻疹風疹混合ワクチンを「2回接種」した人の率は急激に落ちる。9年前の2007年に麻疹が高校生や大学生のあいだで流行したのもこの世代に1回のみの接種者が多かったのが要因と見られている。

 自分が過去に何回ワクチンを接種したのかは母子手帳を見るなどすればわかるが、「接種したかどうかわからないとき、回数が不明な場合はそのまま接種することで早期に免疫を付けることができる。流行期でなければ血液検査をして確認してからでもいい」と堀氏は話す。

1/2ページ

最終更新:10/15(土) 11:20

Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2016年12月号
11月19日発売

定価500円(税込)

■特集 クールジャパンの不都合な真実
・設立から5年経過も成果なし 官製映画会社の〝惨状〟
・チグハグな投資戦略 業界が求める支援の〝最適化〟
・これでいいのかクールジャパン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。