ここから本文です

ソースと水切りヨーグルトでチキンをハワイテイストにアレンジ [おとなスタイル]

講談社 JOSEISHI.NET 10/15(土) 9:30配信

現地の食材で料理を楽しむ「おとなのハワイ」。 ホテルの部屋で開くプチパーティーのメインはチキン。ソースと水切りヨーグルトで、いつもの料理をハワイテイストにアレンジするのは飛田さんならでは。常備菜や小鉢とあわせれば、あっという間に豪華なディナーが出来上がります。

卵のバルサミコしょうゆ漬け

バルサミコ酢を煮詰め、しょうゆを合わせたたれにゆで卵とねぎを入れておくだけ。
ちょっとのつけだれでも、この完成度です!

●材料(作りやすい分量)
卵…8個
バルサミコ酢…大さじ4
しょうゆ…大さじ3
長ねぎ(東京ねぎ)の粗みじん切り…1/2本分

●作り方
1:鍋に卵とかぶるくらいの水を入れ、水から11分ほどゆでてゆで卵を作る。
2:別の小鍋にバルサミコ酢を入れ、火にかける。

  半量くらいになるまで煮詰めたら火を止め、しょうゆを加える。
3: 1の殻をむいて清潔なビニール袋に入れ、2と長ねぎを加えて30分ほどおく。
4:3の卵を半分に切って器に盛り、漬けておいた長ねぎを散らす。

キッチンに備え付けの器やボウル等も駆使し、盛り付けを工夫すれば、この通り。充実のディナーが完成です。

チキンソテーとクリスピーミックスの蒸し煮添え

カリッとソテーしたジューシーなチキンに、水切りしたヨーグルトやサルサソースを合わせた、ボリュームあるごちそうプレート。

●作り方
1:鶏肉はさっと洗い、キッチンペーパーでよく水けをとる(においが気になる場合のみ)。

  厚みがある場合は、切り目を入れて開き、両面に軽く塩、こしょうをふる。

  さらに骨に沿って切り目を入れ、筋を切る。
2:ヨーグルトはキッチンペーパーまたは清潔なキッチンタオルなどで包み、水けをきる。
3:フライパンを弱めの中火にかけ、1を皮目から入れて焼く。

  皮目に焼き目がつき、全体がうっすら白っぽくなってきたら、返してふたをし、蒸し焼きにする。
4:器に2、3、サルサソース、クリスピーミックスの蒸し煮を盛り合わせる。

●材料(作りやすい分量)
鶏もも肉切り身…4枚
塩、黒こしょう…各適量
プレーンヨーグルト…1カップ
サルサソース…適量
クリスピーミックスの蒸し煮(下記参照)…適量

クリスピーミックスの蒸し煮

●材料(作りやすい分量)

アズキ、グリーンピースのクリスピーミックス…1袋、塩…少々

●作り方
1.クリスピーミックスはざっと洗い、軽く水けをきる。
2.鍋に1と塩を入れ、ふたをして弱めの中火で10分ほど蒸し煮にする。

ペットボトルの口に、キッチンペーパーに包んだヨーグルトを引っかければ水切りも簡単。



※ 材料はすべてハワイ・オアフ島のスーパーマーケットやファーマーズマーケットで購入したサイズが目安になっています。



飛田和緒さん(ひだ かずを) 料理家。35万部を突破した著書『常備菜』が、今なお人気。季節に寄り添った作りやすいレシピも支持率高し。ご主人と娘さんとの3人暮らし。

『おとなスタイル』Vol.4 2016夏号より
(撮影/長野陽一)

最終更新:10/15(土) 9:30

講談社 JOSEISHI.NET

なぜ今? 首相主導の働き方改革