ここから本文です

【2016年ドラフト候補】父は甲子園優勝経験、高校日本代表の正捕手・九鬼隆平(秀岳館)。目標は「日本球界の屋台骨を支える」

ベースボールチャンネル 10/15(土) 16:00配信

球界が待望してやまないタイプの捕手

 3年春夏の甲子園で、連続の4強入りを果たした秀岳館(熊本)。過去2度の甲子園で1勝2敗の成績にすぎなかった秀岳館を、全国屈指の強豪に押し上げた立役者は、攻守ともにチーム不動の要として君臨した捕手の九鬼隆平である。

2016年プロ野球志望届提出者一覧(高校生)

 高校通算26本塁打。強烈なライナー性の打球を広角に、遠くまで飛ばすことができる強打者で、「返す打撃」「繋ぎの打撃」の引き出しも多く、確率も高い。また、4番打者としてチャンスを確実にモノにする勝負どころでの強さは、高校時代を通じて群を抜くものがあった。

 秀岳館では左右の個性豊かな投手陣を巧みな配球でリードし、相手の機動力を封じ込める二塁送球1.8秒の鬼肩が光った。間の取り方も絶妙で、今年8月のU-18アジア大会で高校日本代表にも選ばれ、正捕手として世代屈指の好投手をリードしている。日本球界が待望してやまない「打って守れる」右の大型捕手としての期待は、日に日に高まるばかりだ。

万全ではなかったセンバツ大会

 大会前から「優勝候補、秀岳館の捕手」として大きな注目を集めたセンバツだったが、万全の状態には程遠かった。初戦の花咲徳栄戦でファウルチップを受けた右手人差し指を骨折したため、捕球、送球ともに本来の精彩を欠いてしまうのだった。

「自分の状態が相手にも伝わっていたのか、ずいぶんと仕掛けられました。盗塁阻止には自信があったのに、走られることが本当に悔しくて……」

 敗れた高松商戦でも先制された4回にふたつの盗塁を許した。サヨナラで辛勝した準々決勝の木更津総合戦でもふたつの盗塁を許している。ただ、春の結果はその後のステップに向けた大きなきっかけとなった。

指の状態が回復した夏には送球の安定感が大幅にアップ。甲子園の北海戦では鈴木大和に2盗塁を許したが、準々決勝では見事な送球で鈴木昭汰(常総学院)の足を封じた。一塁走者へのピックオフなどもあり、視野の広さや咄嗟の判断力の高さもアピールし、春に辛口採点を与えていたスカウト陣の評価を覆すパフォーマンスを発揮したのだった。

 打者としても強打線の4番打者として君臨した。

「4番の座り心地ですか? 当然マークが厳しくなるので配球としては厳しくなってきますが、そこをかいくぐって打てた時には最高の気分になります。今では“自分が4番じゃないと”というこだわりもあります」

 2年秋以降、一度も譲ることがなかった“定位置”へのこだわりも人一倍強かった。

 ぐっと軸足に体重を乗せてノーステップで広角に弾き返す独特の打法。甲子園での本塁打ゼロに終わったものの、センバツ初戦で大会屈指の好左腕・高橋昂也(花咲徳栄)から逆転の適時二塁打を放ち、敗れた夏の準決勝でも北海に1点差へ詰め寄る執念のダイヤモンド1周(痛烈な右前打が相手失策を呼び打者走者の九鬼は一気に本塁生還を果たす)があった。

 こうした勝負強さと打者としての技術の高さを買われ、U-18アジア選手権でも4番打者に抜擢され優勝に多大な貢献を果たしたのだった。

1/2ページ

最終更新:10/15(土) 16:00

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。