ここから本文です

「手帳とアプリの両方にメモ」って、そのスケジュール管理ムダじゃない?

@DIME 10/15(土) 10:30配信

 文具店や書店では、2017年の手帳が店頭に並び始めました。早くも来年の準備を始めている人もいるのではないでしょうか。雑誌などでも手帳特集が組まれていますが、皆さんは、どんなタスク&スケジュール管理をされていますか?

 手帳派? アプリ派? 男性に比べて女性の場合、アナログ手帳派が多いようですが、周りを見ていても、スマホの普及によってアプリで予定を管理する男性が増えているように感じます。しかし、最近、予定管理ツールの選択肢が増えすぎたせいで、何だか「ちょっとそれは違うんじゃない?」と思えてしまう使い方をしている男性をよく見かけます。一般的に、男性は凝り性が多いからなのか、几帳面だからなのか……そんなことも考えつつ、今回はそんな残念なスケジュール管理男子について触れたいと思います。

■デジタル派の残念は意外なところに

 会社がGoogleカレンダーでのスケジュール管理を必須にしたため、自分のスケジュール管理もこれを機にGoogleカレンダーをはじめとしたアプリケーションに移行している人も多いのではないでしょうか。かくいう筆者も会社員時代、Googleカレンダーを会社の事情で使っていた時期があります。しかし、スケジュール管理というのは、どうしても向き不向きがあるようで、結果的に、非効率なスケジュール管理をしている男性を生み出しているようにも思います。

「会社のおじさんが、スマホに変えたのをきっかけに、スケジュールもアプリで管理し始めました。最初は不安なのか、アプリと手帳に二重で予定を登録していました。周りも『慣れないんだね、きっと』と見ていましたが、2年以上経った今でも、アプリと手帳に予定を二重登録する生活を続けています。それならもう無理してアプリを使わなくていいと思うんです」(30歳・事務)

 新しい仕組みに慣れようという気概はいいと思うのですが、さすがに2年もムダな動きをしているのなら、おせっかいかもしれませんが、どちらかやりやすいほうでやればいいのにと思ってしまいますよね。ただ一方で、逆のパターンも発生しているようです。

「クラウド上でタスク管理を全く生かせていない新人がいます。スケジュール管理は会社内のサーバー上で行なっているのですが、いつもそこに書き込むのを忘れてしまうんです。周りに『書くのを忘れるなら、手帳を持ったら?』とアドバイスされても「気をつけます」の一点張りでいつも忘れてしまうんです。この前も部内の会議が入っているのに、来客の予定を入れ忘れてちょっとしたトラブルに……。デジタルへの過信なのか、それともただ単にこの子がアホなのか、周りの部員はいつも心配しています」(31歳・企画職)

 おそらくこれは、彼個人の問題だと思われます。というのが、率直な感想ですが、スケジュール管理の杜撰さというのは、デジタルだろうが、アナログだろうが、やっぱり性格が出るものです。

■手帳の使い方も“残念”なところが

 デジタルでのスケジュール管理に問題があるのなら、アナログでの管理はどうなのかと聞いていくと、紙の手帳は手帳で残念なエピソードが聞かれます。

「会社の意識高い系男子(と勝手に命名)が、昨年から高級手帳に凝り始めました。ボールペンも海外製らしいのですが、笑っちゃうのはいつも中身が真っ白なこと。スケジュールは一応書き込んでいるようですが、中身はほとんど白いんです。それじゃ使っている意味がないと思うのですが、本人は「これなら頑張ろうって思えるんです」と言っており、横ヤリもできない状態です」(28歳・販促営業)

「これは男性ならでは、だと思うのですが、ウチの旦那が……恥ずかしいんですが、字がすごく汚くて。手帳に書いた文字をいつも読めずにウンウン悩んでいます。これ、何と読むのかな?と聞かれても、夫婦といえど、わかりません」(34歳・主婦)

 どれも男性ならではの、エピソードに見受けられます。ちなみに、筆者の父も字にかなりクセがあるのですが、時々自分で書いたメモが読めないような素振りを見せています。これはもしや、男性の性なのかもしれません。

■番外編:女性の残念手帳あるある

 こうして人の話を聞いていると、男女差が印象的だったスケジュール管理問題。最後はおまけとして、女子のスケジュール管理における残念エピソードを紹介したいと思います。

「会社の後輩の手帳(仕事用)が、とにかくバカっぽくて恥ずかしいんです。カバーはどピンクで、柄もすごくて、ボールペンもキャラものを使っています。うちの会社は一応、硬めの会社なので、客の前で出されると正直、恥ずかしい気持ちになります」(29歳・製薬)

「社内共有のGoogleカレンダーに予定を入れる際、何かと記号を多用する女子がいます。本人は見やすくするためだと主張しているんですが、「★★A社来社予定★案件打ち合わせ★」みたいな書き方になっていて、星だの音符だの記号がうるさい。まあ、スケジュール管理自体に影響はないので、言わないのですが、やっぱり気になりますね」(32歳・商社)

 社内で共有するGoogleカレンダーの使い方にそんな応用編があったとは(笑)。ちなみに筆者が会社員時代に困った話としては、Googleカレンダーに予定を登録する時に略語で書く男性がいたこと。例えば、「PMTG@Y&B」(=プロジェクトチームミーティング、山崎さんと阿部さん出席)というような記載でした。もう少しわかりやすかったような気もしますが、とにかく周りは「Yって、何?」と解読するのに悩んでいました。

 人によってクセが出やすいスケジュールの共有。できれば、周りを困惑させることなく、活用したいものですね。

★今回の教訓★
スケジュール 無駄なく正しく! 男なら

文/おおしまりえ

@DIME編集部

最終更新:10/15(土) 10:30

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

なぜ今? 首相主導の働き方改革