ここから本文です

香川、途中出場で存在感。PK演出で独紙高評価「多くのドイツ代表より一際目立っていた」

フットボールチャンネル 10/15(土) 6:13配信

 ブンデスリーガ第7節が現地時間14日に行われ、ドルトムントはヘルタ・ベルリンと対戦し1-1の引き分けに終わった。ベンチスタートの日本代表MF香川真司は途中出場ながら存在感を発揮している。

【写真】有名選手の美人パートナーやガールフレンド…欧州美女特集

 1点を追いかける展開となったドルトムントは60分にマリオ・ゲッツェとセバスティアン・ローデを下げて、香川とウスマン・デンベレを投入。

 65分にはピエール=エメリク・オーバメヤンの決定機の起点となり、76分には原口元気のハンドを誘発しPKを獲得している。結果的にどちらもゴールには結びつかず、80分にオーバメヤンが流れの中で同点弾を決めたが、それでも香川の評価は軒並み良いものになっている。

 この活躍に独紙『ビルト』は香川に「3.0」の採点をつけた。途中で退いたゲッツェには「5.0」、同点弾を決めたオーバメヤンには「4.0」の採点をつけており、途中出場の選手ながらチーム内でも高い評価を与えている。また、同じく途中出場ながら存在感を発揮したデンベレには「2.0」をつけた。(ドイツの採点は「6」が最低で11段階に分けて表され、数字が小さいほど評価が高いことを意味する)

 また、独紙『デア・ヴェステン』も香川に「3.0」の評価を与え、寸評では「ゲッツェに代わって入り、多くのドイツ代表よりも一際目立っていた。PKも獲得している」とのコメントを載せた。一方でゲッツェには「5.0」、オーバメヤンには「3.5」の採点をつけている。

フットボールチャンネル

最終更新:10/15(土) 7:42

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)