ここから本文です

【恩田社長の600日】無償の愛でチームに 尽くすサポーターは「ぎふの誇り」

webスポルティーバ 10/15(土) 8:10配信

FC岐阜・恩田社長の600日 ~Jリーグ地域クラブへの伝言~  第11回 Fサポーターの成長がクラブを救った

 最後はやっぱり、サポーターについて書こうと思います。

『FC岐阜』がこれまで存続できたのは、間違いなく、サポーターのおかげです。まさしく、無償の愛でクラブのために尽くしてくれました。そのひとつの事例が、個人持株会です。「1口5万円、議決権なし」という、極めて寄付に近い仕組みです。

【写真】ALSを患って退任した恩田聖敬社長(FC岐阜)、サポーターが社長の横断幕を作るほど敬愛されている

 FC岐阜の財政危機を憂慮したサポーターが自ら動き、Jリーグとも相談の上で、仕組みを作り上げたと聞いています。現在、個人持株会の株主は300名以上おり、その総額は数千万円に達しており、筆頭株主「藤澤氏」に次ぐ2位株主となっています。

 FC岐阜は通常の株主総会の他に、個人持株会に対する総会を開き、社長も参加して、クラブの未来に対する意見交換をしています。サポーターが株主として、クラブの未来を真剣に考えているのです。こんなクラブは他になかなかないと思います。

 また、サポーターは違う側面からもクラブを支えてくれています。

 サポーター有志によって構成された、FC岐阜が持つボランティア団体「グリーンズ」は、試合を行なう上で必要不可欠な存在です。試合当日のみならず、前日に行なう当日配布物の袋詰め作業にも集まってくれて、3~4時間ひたすらに手伝ってくれます。

 試合当日は、関係者受付、配布係、ゴミ回収ステーション運営、各ブースのフォロー、場内清掃、コンシェルジュと、毎試合30~50人規模で助けてもらっています。彼らのプロ意識は高く、よりよいスタジアムとするために、さまざまな意見を出してくれます。チームへの愛の成せる行動だと思います。ありがたいかぎりです。

 改めて振り返ると、私が社長就任した時、サポーターは激動の中にいました。

 2014年、ラモス監督や川口選手の加入によって、いきなり「にわか」のファンが増えました。そこで自分たちの存在が小さくなっていくような感覚に陥り、戸惑いを隠せず、時として新たなサポーターに対して、排他的にも取れる言動をするコアサポーターもいました。しかし、そもそもの彼らの望みは、「FC岐阜をもっと多くの人が応援してくれるようになること」であったはずなのです。

 混乱しながら1年を終え、迎えた2015年シーズン、チームは大きく低迷する中、彼らは「仲間を増やす」方向に舵を切りました。自分たちのこだわりや自負より、チームにとってよいことを選択します。その成果が現在のゴール裏です。

 2015年シーズン途中からのスタジアム改修工事に伴い、コアサポーターの応援場所が、バックスタンドゴール裏寄りから完全にゴール裏に移りました。この移動は大成功で、応援の集団がひと回りもふた回りも大きくなりました。ぜひ、以前と比べて見てほしいです。

 そんなサポーターたちと私は、ある場所でコミュニケーションしていました。

 私は社長就任後、開門時には入場ゲートでお客様をお出迎えし、試合はピッチ脇で立って観戦し、試合が終われば、ダッシュでゲートに行き、お見送りしてきました。お客様に一番近い場所で表情や反応を見ることで、興行としての手ごたえを確認していたのです。

1/2ページ

最終更新:10/15(土) 8:10

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

なぜ今? 首相主導の働き方改革