ここから本文です

『君の名は。』エグゼクティブプロデューサーが語る、大ヒットの要因と東宝好調の秘訣

リアルサウンド 10/15(土) 10:01配信

 全国映画週末興行ランキングで7週連続1位を記録し(興行通信社調べ)、観客動員は1000万人超え、10月10日までで興行収入145億6000万円を超える大ヒットになった『君の名は。』。社会現象と化した『君の名は。』の大ヒットについては、さまざまなメディアでも分析が行われている。今回リアルサウンド映画部では、大ヒットの要因をさらに深掘りすべく、本作のキーマンのひとり、38歳にしてエグゼクティブプロデューサーを務めた古澤佳寛氏にインタビュー。東宝がオリジナルのアニメで勝負をしようとした製作背景から、大ヒットに繋がることになった要因、そして新海誠に続く未来を担う若き才能についてまで、じっくりと語ってもらった。

■「当初の興行収入目標は20億だった」

ーーそもそも『君の名は。』はどのような形で製作が始まったのでしょうか?

古澤佳寛(以下、古澤):私は所属している映像事業部においては、コンテンツの権利獲得や、AKB48のドキュメンタリーシリーズなど映画以外のコンテンツを映画館で上映するODSという業務を中心に手がけていました。その中で、東宝も本気でアニメをやっていこうという話が上がり、私が責任者となり、2012年にTOHO animationというアニメレーベルを設立しました。TOHO animation立ち上げた最大の理由は、自社企画のアニメという意味で東宝にウィークポイントがあったからです。例えば、東映さんの場合、東映アニメーションという会社があって、自分たちで企画を立ち上げてやられていましたが、東宝の場合、『名探偵コナン』『ドラえもん』『ポケモン』『妖怪ウォッチ』、そしてジブリ作品など、大ヒット作品のほとんどは、立ち上がっている企画の配給部分をお手伝いする形が多かったです。なので、自分たちで1から企画を立ち上げ、東宝映像事業部配給ではなく、東宝本体で全国300館クラスで配給するのが設立当初の目標でした。そこで課題になったのが、「誰とそれを実現するのか」でした。全国300館クラスの配給となると、相当力があって作家性も備わっている監督でないと勝負できない。新海誠監督は、2013年に東宝映像事業部で配給させていただいた『言の葉の庭』が、全国23館の上映にも関わらず1.3億円の興行収入を記録し実績も大いにありましたし、我々が必要だと考えていた要素をしっかりと持っている監督だったので、そこからスタートしたんです。

ーー企画・プロデュースの川村元気さんもその頃から関わっていたのでしょうか?

古澤:川村は自分でこういう企画をやりたいと自ら提案するタイプなので、それまでずっと新海監督の作品の配給を行なっていたコミックス・ウェーブ・フィルムさんからの配給お預かりという形だった『言の葉の庭』には関わっていませんでした。『言の葉の庭』の打ち上げの際に、コミックス・ウェーブ・フィルム代表の川口さんから、これ以上の規模は自分たちにはできないので、次は東宝にすべてお任せしたいということをおっしゃっていただき、我々も是非やらせてくださいということになったんです。ただ、監督の作家性を尊重しつつも、ヒットさせるためのメジャーな視点も必要だったので、現場で監督と直で議論ができるような人間を入れるべきだと思い、東宝で1番売れっ子である川村に入ってもらうことにしました。しかも川村は入社3年目ぐらいの頃に、現在の代表取締役の島谷を連れて、川口さんに会いに行っているんです。「ぜひ一緒にやらせてください」と。当時はまだ川口さんも全部自分たちでやるという方針だったので、「いつかご一緒しましょう」ということになりましたが、その間にも、別のプロデューサーが川口さんや新海監督とやり取りをしていたので、東宝の中でもうまくバトンが繋がっていたんです。

ーーどのような作品で勝負するかは監督とも話し合いを重ねながら進んでいったのでしょうか?

古澤:どんな作品を作るかは、最終的にはもちろん監督が決めるものです。ただ、わざわざ監督の苦手なことを大きなステージでやる必要はないので、これまで新海監督が培ってきたものをすべて合わせた得意分野で、「これぞ新海誠作品!」と言えるような作品にしましょう、「新海監督のベスト盤にしましょう」ということは話し合いながら決めていきました。『君の名は。』は企画の段階からかなりの完成度だったので、セリフなどの細かい部分に関してはほとんど口を出しませんでしたが、このままだと少しフェティシズムが過ぎませんか? とか、ストーリーの構成をもう少し変えたほうがいいのでは? といったようなことや、作品タイトルなどの大きな部分では、こちらの意見を提示することは結構ありました。

ーー結果的には興行収入145億円、観客動員1000万人を超える大ヒットになりましたが、当初はどの程度の予想だったのでしょうか?

古澤:製作費から逆算して、20億はいきたいと思っていました。川口さんは「新海監督を男にするんだ!」という意気込みで14年間ずっとやってきていたので、『君の名は。』はとにかく作品をオーバークオリティに仕上げる執念が詰まった作品になりました。なので、製作委員会が出した製作費以上にお金を使われているんです。制作会社としてマイナスになってしまった分を出資配分で回収してもらおうと思っていたので、逆に20億に届かないとヤバいと思っていました。公開規模に関しても、最初から250館以上ではやるつもりでしたが、最終的に300館までやろうと決めたのは、昨年の12月の段階でした。

ーー試写での評判がよかった?

古澤:はい。試写を行っていく過程で、関係者や東宝の役員から一般試写に来てくださったお客さんまで、「これはとんでもない作品なんじゃないか」という感じになっていったんです。『君の名は。』の約1ヶ月前に公開した『シン・ゴジラ』が、ほとんど試写を行わない“観せない宣伝”だったのに対して、『君の名は。』は試写会で計4万人弱に観てもらう“観せる宣伝”を行った。これは、興行収入でいうと5000万円以上に相当する数字で、1.3億円の興行収入だった『言の葉の庭』の3分の1以上の数字に当たるわけです。そんな大勢にタダで観せて大丈夫なのかという議論ももちろんあったのですが、そもそも公開規模も違うし、作品をもっと広げていくためにはそのよさに気づいてもらわなければいけないと思い、こういう形になりました。試写では若い層のお客さんに結構観ていただいたので、その時点ですでにSNSなどでバズが徐々に起こり始めていたんです。

ーーなるほど。なかなか勇気のいる施策ですよね。

古澤:さらに言うと、人がいつ映画を観ようと思うかというと、実は映画館なんですよね。テレビスポットや街中の広告より、映画館の予告編やポスターを見て、「次はこの映画を観よう」と思う人が1番多い。なので、最初に情報を出すときは、客層が被りそうな作品が劇場でかかっているタイミングでやることにしました。公開情報の解禁自体は昨年の12月に行いましたが、4月16日公開の『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』の上映劇場で、『君の名は。』の特報を初めて流したんです。それがお客さんにとって初めて映像をきちんと観てもらえるタイミングだったので、そこが1番最初の最も大きなバズでした。『名探偵コナン』も60億を超える大ヒットでしたからね。そこで小学生からその親世代まで幅広い層に観てもらい、その後こちらも大ヒットした『シン・ゴジラ』に繋がっていくわけです。『シン・ゴジラ』の上映劇場でも予告編を流したので、その効果も相当大きかったと思います。手前のヒット作に盛り上げてもらっていたのも、今回の大ヒットに繋がる大きな要因でしょう。当初は、中高生~40代ぐらいまでの客層を想定していましたが、実際には小学生から60代以上の方々にもたくさん足を運んでいただきましたから。

■「『シン・ゴジラ』のプロデューサーとは昔一緒にポップコーンを売っていた」

ーー確かに劇場は幅広い客層の方々で盛り上がっていた印象です。内容面での成功要因についてはどう考えていますか?

古澤:やはり、途中で驚きをもってもらいながら観てもらうことができるストーリーでしょうね。展開が予想できてしまうと、本当に時間が長く感じてしまうのですが、観客の予想を先回りしたような展開をしつつ、緩めるところは緩める。その辺りのストーリーテリングがとてもよくできていたこと、そして音楽が非常に優れていたことですね。RADWIMPSによる4曲の主題歌と劇伴のクオリティがすごく高かったですし、作品ともマッチしていた。10代の若い高校生を主人公にしたアニメのニーズも高かったので、そこにもドンピシャでハマったのが大きかったのかなと。あとは『君の名は。』という作品のタイトルもよかったと思います。

ーーというと?

古澤:先ほども少し触れましたが、実はタイトルが『君の名は。』になるまで、相当時間がかかったんです。映画って、最後の10分で完璧に感動することができたら、「この映画を観て良かったな」って思ってもらえる。だから、いくら前半に見どころがあっても、最後のシーンがイマイチだったら、その感想を引きずったまま劇場を出ることになってしまう。この作品は、タイトルが本編で何回も使われていて、それがすべて意味を持っている。最後にタイトルが出たときにRADWIMPSの歌と合わさる心地よさも、お客さんに響いたのかなって。頭で出てくるタイトルもちゃんと意味を持っていて、そのすべてが機能しているんです。

ーー実際の興行成績をどう受け止めていますか?

古澤:結果論なので、偉そうなことは何ひとつ言えませんが、そういう可能性があることが世の中に見てもらえたのは大きいですね。ヒットしてから1か月ちょっと経っていますが、最近プロデューサーや監督、クリエイターの方々とお話しすると、「次は自分たちがやってやる!」っておっしゃる方がすごく多いんです。僕らも100億という数字はもうなかなか出るものではないと思っていました。スタジオジブリの制作部門休止以降、国産のアニメでそこに届く作品はあるのかと。あれだけのブームの『妖怪ウォッチ』でさえ100億は超えませんでしたし、オリジナルで作ったものがなかなかヒットに繋がらない現状もありましたから。なので、いろいろな歯車が合うと、こういうヒットが生まれることもある、ある種、夢を持って作ってもいいんだと示せたことは本当によかったなと思います。

ーー『君の名は。』の興行は年明けまで行われるとか。

古澤:そうですね、そこを目指してやっています。夏休み映画の上映が正月まで続くって、過去にもなかなか例がないことなので。ここまできたら、僕らとしても次の大台になんとか届かせたいなと。

ーー『君の名は。』も先ほど話に出た『シン・ゴジラ』もそうですが、2016年の東宝配給作品は非常にクオリティが高く、内容的にも興行的にも大成功していると感じます。

古澤:どうなんでしょうね。でも“タイミング”はあるかもしれません。『シン・ゴジラ』もこのタイミングで新しいゴジラを作ることができたのは大きな意義でしたし、僕も来年に向けて『GODZILLA』というゴジラのアニメーション映画を作っているので、『シン・ゴジラ』を超えるべく、先を見ていきたいなと。自分たちにハードルを課しながら、それぞれが作品をよりよいものにしていこうとしてはいますね。監督やプロデューサーはもちろん、作品に携わる人間全員が、“作品を当てる”という同じ方向を向いているので、そのために何をすべきか、周りの人間を参考にしたり相談をしたりしながら、社員も成長しているかもしれません。それこそ、川村の活躍を見て、自分も新しいことをやろうと思う若い人間が出てきますから。

ーー東宝では若手プロデューサーが活躍する機会も増えているのでしょうか?

古澤:そうですね。感覚的には若い人のほうがお客さんに近い部分があると思うんですよね。歳をとってくると、自分では最先端と思っていても、実はズレてることも結構ありますから。だから、東宝でもできるだけ若い人にチャンスが生まれるような形にはなりつつあると思います。川村にしても、20代の時からチャレンジさせてもらっているから、今があるわけですから。ビッグバジェットの作品を若いうちにやらせてもらえるなんてなかなかないと思いますけど、僕ら管理職の立場からすると、「これなら絶対当たります!」と部下が言うからには、例え自分の価値観ではダメだと思っても、それなりの覚悟を持って、通すものは通したいと思っています。そのチャレンジ精神と、それに由来される努力を両方兼ね備えた人には、プロデューサーとして頑張ってもらっています。僕は東宝に入社してから2年間、京都の映画館で働いていたのですが、僕が2年目のタイミングで新入社員として入ってきた後輩が、今は『シン・ゴジラ』のプロデューサーをやっているんです。川村も最初は映画館で働いていましたし、京都の映画館で一緒にポップコーンを作っていた2人がヒット作に携わっていると考えると、なかなか面白いですよね。やる気さえあれば誰にでもチャンスはあるんです。

ーー古澤さんもお若いですよね。

古澤:管理職でいうと一般的には若いかもしれませんね。川村が37歳で、僕が38歳ですから。

ーーTOHO animationを立ち上げた時は34歳ということですよね。

古澤:そうですね。なので、抜擢してもらった部分はあります。僕はどちらかというとビジネス調整寄りのプロデューサーで、川村がクリエイティブ寄りのプロデューサーなので、役割は結構明確に分かれているんです。ビジネス寄りの僕が全体を見るような体制を作ってもらったので、最初はもちろんビジネスから入っていくんですが、テレビアニメにしても、結局プロデューサーの熱意であったり、いち早く原作を取ってくるであったり、クリエイティブな部分で助けられたことも多かったので、ビジネスだけに縛られるのもよくないなということで変化していきました。なので、50代でやれと言われていたらできなかったと思います。

■「新海監督の次の世代の時代もじきにくる」

ーービジネスに対する捉え方も世代によって違ってくる部分もありそうです。

古澤:僕は、バランスを取る世代なのかなと思います。一方でチャレンジングな企画をやるのであれば、もう一方で確実にビジネスとして成立するものもやる。その両面で、人脈も広がりますし、面白い企画も生まれてきますから。

ーー今後、新海監督クラスのヒットを生み出せる才能が登場すると思いますか?

古澤:僕は全然あると思っています。うまくいかないパターンも当然あるかもしれないですが、これまでご一緒してきた方々は皆さん素晴らしい作品を作っていらっしゃいますし、日本のアニメにおいては世代交代をしつつある時期だと思うんです。新海監督は43歳ですが、さらに若い20代~30代で次にいくぞという才能が結構いるんです。この方たちの時代もじきにくるんじゃないでしょうか。ただ、誰かが新海監督クラスにいったら、ほかの人たちがいけないっていうわけではないですし、映画はいつでも公開できるので、その時期、その時代に合った作品を僕らも一緒に作っていきたいと思っています。東宝のアニメはまだスタートしたばかりなので、面白いと思ってもらえる作品をたくさん作って、東宝のアニメがより一層認知されるようにしていきたいです。

宮川翔

最終更新:10/15(土) 10:01

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。