ここから本文です

犬と赤ちゃんが仲よく暮らすためのヒント

@DIME 10/15(土) 12:10配信

◆犬を第一子のように扱ってあげましょう。

元々犬を飼っていた家族に、新しく赤ちゃんが産まれると、犬が赤ちゃんにやきもちを妬いてワンワン吠えたり、噛もうとしたり攻撃的になることがあります。

それは、今まで飼い主からたっぷり愛情をもらい大事に育てられてきた犬が、急に飼い主の愛情が赤ちゃんに向けられたように感じてしまうからといわれています。飼い主に対し赤ちゃんよりも自分のほうが格上であることを態度で示しているのです。

まるで、「もっとかまって、もっと私を見て!」と、弟や妹が出来たばかりの人間の子どもと同じ。

ですから、”第一子”である犬に対して「あなたもとても大事な存在だよ」ときちんと態度で示してあげることで犬の不安が解消され、解決する場合があります。当然人間の子供も大切ですが、犬をお兄ちゃん、お姉ちゃんとして扱ってあげることも大切です。

焦らずゆっくりと、赤ちゃんと犬の関係性を作っていきましょう!

文/大原絵理香

@DIME編集部

最終更新:10/15(土) 12:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。