ここから本文です

KOC王者ライス 13年日の目見ずも「解散の危機なかった」

女性自身 10/15(土) 6:04配信

田所「こうした取材を受けているうちに、徐々に優勝したという実感が湧いてきますね」

 そう語るのは、コント日本一を決める『キングオブコント2016』で、2,510組のなかから9代目王者の座を射止めたお笑いコンビ・ライスの田所仁(34)。関町知弘(33)とコンビを結成してから13年、なかなか日の目を見なかった。

田所「でも、解散の危機は1度もなかったですね。なんでなかったのか不思議なくらい」

関町「仲がいいんです。劇場に行くのも一緒に移動したり」

 2人は高校の同級生。高1のころの文化祭での出来事が結成のきっかけだった。

田所「文化祭でクレープ店をやったんですけど、そのとき僕たちが女子生徒から『ボウルを買ってこい』とパシリにされたんです」

関町「何に驚いたかって、クレープ店をやるのにボウルを用意してないっていう(笑)」

田所「近くに売っている店がなくて、仕方ないからやっと見つけた洗面器を買っていったら、女子たちにこっぴどく怒られて。それをきっかけに仲よくなりました。『なんだよなぁ、女子よぉ』みたいな」

 仲よしコンビが織りなすコントは、ピース・又吉直樹をはじめ、芸人からの評価も高かった。そして今回つかんだ栄光の座。気になる優勝賞金(1,000万円)の使い道は?

田所「お金がなくて、後輩に食事をおごることができなかったんですよ。だから、後輩を連れて豪遊したい。『好きなもん頼めよ』ってカッコつけて」

関町「母親が美容室を経営してるのですが、この前の強風で店の看板が落ちちゃって。何の店かわからない状態なので、新しい看板をつけてあげたい。33年間、髪は母に切ってもらっています。今の髪形も」

 田所は以前、雑誌の取材で『お笑いは顔じゃない』と熱弁をふるっていたことがある。

田所「当時何かイヤなことがあったのかな(笑)。ひねくれてますね~。でも、今もその気持ちは変わっていないです」

関町「やっぱりライブでも、男前がキャーキャー言われるんですよ。出待ちも多いし。でも、この2人がそこで戦ったら勝てない。だからネタを頑張らないといけないんです」

田所「(優勝後の)昨日のライブも、出待ちはいなかったですね。黄色い声もないし」

関町「どうせあと10年もすればみんなハゲるんですから。ネタの内容、口から出るおもしろさ。それに懸けてます」

「まだまだあるネタを全部見せたい」と語る2人の渾身のコントに注目したい!

最終更新:10/15(土) 6:04

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

なぜ今? 首相主導の働き方改革