ここから本文です

女性に多い二大頭痛。タイプ別解消法とは? [FRaU]

講談社 JOSEISHI.NET 10/15(土) 18:00配信

慢性頭痛にもさまざまなタイプがあり、女性に多いのは片頭痛と緊張型頭痛。片頭痛は女性ホルモンが関係しているともいわれ、月経開始2日前~月経3日目と排卵日周辺に片頭痛発作を起こす人が多いそう。

頭痛薬の飲み過ぎにも注意が必要です。薬をしょっちゅう飲み続けると、薬物乱用頭痛を起こすことが。まずは、自分を悩ます頭痛はどんなタイプの頭痛を知り、予防や症状の軽減を心がけて。それでもつらい場合は頭痛外来で相談を。

◆片頭痛の症状チェック◆
□ 頭の片側または両側がズッキンズッキンと脈打つように痛む
□ 吐き気がする、吐いてしまうことがある
□ 光や音が気になる(暗い部屋で寝ていたい)
□ 月経期間中は特に頭痛がつらい
□ 動くと痛みが増す



◆緊張型頭痛の症状チェック◆
□ 頭の両側が締め付けられるような鈍い痛みが起こる
□ 30分ほどでおさまる場合や一日中続く場合がある
□ 動いても痛みは強くならない
□ 仕事や家庭生活でストレスを感じている

解決法 01:頭痛体操をする(片頭痛・緊張型頭痛対応)

毎日行うのがポイント。ただし偏頭痛持ちの人は、頭痛のない時に。

頭痛体操1:「肩を回す体操」
ひじを軽く曲げた姿勢から、肩を中心に両腕を内側に大きく回します。次に両ひじを外側へ大きく回します。6回ずつくり返す。

頭痛体操2:「腕を振る体操」
オフィスでもできる体操。椅子に腰掛け、両足をそろえ、顔は正面に向けたまま、左右の肩を交互に前に突き出すように体を回します。首の後ろの筋肉がストレッチされるのを意識して。

解決法 02:誘発因子を避ける(片頭痛対応)

こんなことが片頭痛のきっかけに...
人ごみ、光や音の刺激、睡眠不足、寝過ぎ、気が緩んだとき(週末や旅行中など)、お酒、ストレス



自分の場合は、どんなときに片頭痛が起こるかを知り、誘因となるものを避けること。どれくらい寝過ぎたら、どれくらいお酒を飲んだら頭が痛くなるかなどを知ることが大切。

1/2ページ

最終更新:10/15(土) 18:00

講談社 JOSEISHI.NET

なぜ今? 首相主導の働き方改革