ここから本文です

長友に“戦力外危機”が浮上 インテルがマンUに伊代表SBの獲得オファーを提示か

Football ZONE web 10/15(土) 9:00配信

モウリーニョ政権で不遇のダルミアンを半年間の期限付き移籍で獲得狙う

 インテルがマンチェスター・ユナイテッドで戦力外状態となっているイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン獲得に向けて、正式オファーを出したことが発覚。フランク・デブール政権でカップ戦要員となっている日本代表DF長友佑都にとっては、強力なライバルの登場で戦力外危機を迎えるかもしれない。イタリア地元紙「レッゴ」が報じている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 イタリア代表でレギュラーを務める実力者のダルミアンだが、ジョゼ・モウリーニョ新監督に完全に干されている。そうした状況を受けてユベントスも獲得に乗り出すなか、インテルは先手を打った。来年1月に再開する移籍市場を前に、ユナイテッドに対して100万ユーロ(約1億1500万円)の半年間の期限付きのオファーを提示。今季終了後に1400万ユーロ(約16億円)での買い取りオプション付きの条件で、サイドバックの獲得を狙っているという。

 一方のユナイテッドは、ダルミアンの移籍時に設定された違約金1800万ユーロ(約20億7000万円)の支払いを求めているという。

 長友はインテル最古参のベテランとなったが、デブール新監督の就任後、出場機会を失っている。9月15日に行われたUEFAヨーロッパリーグ第1節ハポエル・ベエルシェバ戦で2失点に絡み、イスラエルの伏兵に対して本拠地でよもやの黒星を喫した際に戦犯の1人となっていた。

脳震盪で代表離脱など不運が重なる長友

 2日の敵地ローマ戦(1-2)ではリーグ戦5試合ぶりに途中出場を果たし、ワールドカップ・アジア最終予選参戦のため日本代表に合流。そしてオーストラリア戦に向けた練習で槙野智章(浦和レッズ)と競り合った際に脳震盪を起こす不運も重なり、代表戦に出場することなくチームを離脱し、イタリアに戻る不運もあった。

 最近良いことのない長友だが、ダルミアン獲得が実現すれば、サイドバックの戦力がダブついているインテルで、カップ戦要員の座も失う危険性が高まる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/15(土) 9:00

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。