ここから本文です

関ジャニ∞ 村上信五、岡崎体育のパフォーマンスにコメント「毎回小ボケを考えてるような顔してる」

リアルサウンド 10/15(土) 12:24配信

『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の10月14日放送回に、SEKAI NO OWARI、岡崎体育、上白石萌音、関ジャニ∞、星野源、miwaが出演した。

 1番手のmiwaは、自身が『第83回NHK全国学校音楽コンクール・中学生の部』へ課題曲として書き下ろした楽曲「結 -ゆい-」を、国立音楽大学付属中学校の合唱部とともに、ギター一本で熱唱。2番手の星野源は「踊りたくなるラブソングを書いてみたいなと思いまして。『恋』は英訳すると『love=愛』になってしまうので、日本独特の面白い言葉だなと思ってタイトルにしました」と語り、新曲「恋」をパフォーマンス。3番手のSEKAI NO OWARIは新曲「Hey Ho」について、Fukaseが「『RPG』の続編みたいな感じですね」と明かし、同曲を披露した。

 4番手として、「YOUNG GUNS」のコーナーに登場したのは岡崎体育。彼は「ずっとバラエティ番組でトークだけの出演だったので、やっと歌わせてもらえます」と話すと、関ジャニ∞の村上信五は「番組で共演させてもらったんですけど、毎回小ボケを考えてるような顔をしてるんです。今日もなんかやってくれるんじゃないかな」と期待を寄せ、「Voice Of Heart」を披露。2番の歌詞が出てこないという心の声をカメラワークと表情、ナレーションで表現するというテクニックにスタジオは笑いに包まれた。

 「YOUNG GUNS」の2組目として番組初登場となった5番手の上白石萌音は、映画『君の名は。』でヒロイン・宮水三葉を演じた若手女優。トークでは『君の名は。』の話題になり、タモリが「観た人いる?」と呼びかけると、出演者の半数以上が挙手し、SEKAI NO OWARIのFukaseは「すごく面白かったので、思わずRADWIMPSの野田洋次郎くんに電話しました」と明かした。その後、上白石は新海誠監督が番組のために編集した映像とともにRADWIMPSの「なんでもないや」をカバーした。

 気になる音楽トピックを紹介する「Mトピ」のコーナーでは、ピコ太郎「PPAP」の人気を検証すべく、原宿・渋谷の街頭でロケを実施。6番手の関ジャニ∞はアニメ『モンスターハンターストーリーズRIDEON』(フジテレビ系)の主題歌となった新曲「パノラマ」について、安田章大が「モンスターハンターが好きってメンバーが言い続けたら、アニメのタイアップが決まった」と述べると、横山裕は「渋谷さんは累計何千時間ってくらいやってますからね」と語り、渋谷すばるは「ほとんどゲームの世界にいて、空いてる時間で関ジャニやるくらいでしたね」とそのハマりっぷりを明かした。これに対し、錦戸亮は「ある日楽屋で鳴き声が聞こえて、どうしたんやと思ったら、すばるくんがゲームをトイレに水没させてたみたいで」と暴露すると、渋谷は「大人になって初めて声を出して泣きましたね」と笑いながら自身に起こった悲劇を振り返り、同曲を披露した。

 若手アーティスト2組がそれぞれ印象的なパフォーマンスを繰り広げた今回の放送。次回は嵐、尾崎裕哉、木村カエラ、THE YELLOW MONKEY、Sexy Zoneが出演する予定だ。

向原康太

最終更新:10/15(土) 12:24

リアルサウンド