ここから本文です

「気に入らない奴がいても仕方ない」 股抜きを狙い大流血のネイマール、“オレ流”を貫くと宣言

Football ZONE web 10/15(土) 10:30配信

ボリビア戦で挑発した相手FWからエルボーを食らう

 バルセロナのブラジル代表FWネイマールは、6日に行われたロシア・ワールドカップ南米予選第9節のボリビア戦(5-0)で相手FWヤスマニ・ドゥクの股抜きを狙い、エルボーの報復を受ける流血の惨事となった。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 超絶テクニックをピッチ上で見せつける“魔法使い”に対し、加害者であるドゥクは「生意気で敬意に欠けている」と批判していた。だが、ネイマールはオレ流を貫くつもりのようだ

「奴らはオレに蹴りを入れることもできる。エルボーを仕掛けてくるが、世界で誰もがこのドリブルをできるわけじゃない。どんどんドリブルをするのが難しくなっているんだ。オレはこれを変えるつもりはない。自分と対峙した選手は、自分のやり方があるということを知らなければいけない。それがドリブルであり、ゴールであり、チームメートを助けることなんだ。このやり方で幸せなんだ。気にいらない奴がいても、どうしようもないね」

 スペイン地元紙「ムンド・デポルティーボ」で、ネイマールはこう語ったという。所属するバルセロナでも変幻自在のドリブルを武器にするネイマールは、ヒールリフトなどマーカーをあざ笑うプレーを見せては、リーグ戦で対戦相手の怒りを買い、プレーとは関係ない部分で危険なファウルを受けている。

 ルイス・エンリケ監督もネイマールの見せつけるプレーに「敬意を欠いている」と苦言を呈していたが、ネイマールは自らの流儀を変えるつもりはなさそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/15(土) 10:30

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。