ここから本文です

Mr.チェルシー、UEFAコーチライセンス取得に向けて勉強中。将来はクラブの監督に?

フットボールチャンネル 10/15(土) 10:40配信

 チェルシーに所属する35歳の元イングランド代表DFジョン・テリーが、UEFAコーチライセンス取得を目指して日々勉強に励んでいるようだ。自身のインスタグラムに勉強中の本の画像を投稿している。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 ライセンスにはUEFA・Bライセンス、UEFA・Aライセンス、UEFAプロライセンスなどの種類があり、例えばプレミアリーグのトップチームの指導者になるためにはUEFAプロライセンスが必要になる。

 チェルシーとの契約期間は今季終了後までとなっているが、現時点で契約更新に向けた交渉は行われていない。場合によっては今季を最後に現役を退く可能性があり、選択肢の一つとして指導者に転身することを考えているのだろう。

 テリーはチェルシーの下部組織で育ち、1998年にトップチームに昇格した。一度ノッティンガム・フォレストにレンタル移籍した経験はあるものの、ほぼ人生の全てをチェルシーに捧げている。”Mr.チェルシー”とも言われるテリーが、現役引退後に指導者としてチームを率いる日がくるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:10/15(土) 10:42

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。