ここから本文です

元韓国代表のパク・チソンが選手としてプレー 英メディアもこぞって“韓国の英雄”に注目

Football ZONE web 10/15(土) 14:40配信

授業の一環として大学チームでプレー このニュースを英メディアも報道

 マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した元韓国代表MFパク・チソンがイングランドのピッチに戻ってきた。現在35歳のパクはレスターにあるデモントフォート大学で1年間のスポーツマネジメントコースを専攻し、授業の一環で同大学チームの選手としてプレー。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」など複数メディアが報じている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 パクは2014年にオランダのPSVでのプレーを最後に現役から退いていた。アジア人として初めてユナイテッドのアンバサダーを務めるなど、“赤い悪魔”の愛称で知られる名門のレジェンドの一人として認められている。今年に入り、デモントフォート大学でスポーツマネジメントを学ぶ韓国の英雄がピッチに立った。英メディアがこぞってこのニュースを取り上げるなど、今でも注目度の高い存在のようだ。

 パクはサッカー界で新たなキャリアを切り開こうと奮闘している。今夏、大学での受講を決めた際に「僕の同僚の一人が、コーチングやマネジメントをするうえで、多くの選手にとって(デモントフォート大学で学ぶことが)素晴らしい経験になると言っていた。ピッチを取り巻くあらゆるフットボールに関する知識を深めたかった。その後はきっと韓国フットボールリーグで働くことになるだろう」と語り、母国の発展に尽くしたいとの意欲を明かしていた。

 古巣ユナイテッドは17日に敵地でリバプールとの大一番を迎えるが、パクはこの試合をアンフィールド(リバプールの本拠地)で観戦するとレポートされている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/15(土) 14:40

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。