ここから本文です

マンUの新鋭ストライカー、プレミアリーグで”最も苦手とする相手DF”は?

フットボールチャンネル 10/15(土) 11:20配信

 マンチェスター・ユナイテッドに所属する18歳のイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが、プレミアリーグで対戦した中で最も苦手な相手DFについて明かした。14日に英メディア『フォー・フォー・トゥ』が報じている。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 ラッシュフォードは今年2月に行われたアーセナル戦でプレミアデビューを飾り2得点1アシストの活躍を見せた。その活躍を皮切りにリーグ戦11出場で5得点を記録している。

 これまで対峙した相手選手についてラッシュフォードは「個人的に最も苦手な選手と感じたのはアーセナルのロラン・コシエルニーさ。僕にとって最も困難な相手DFだよ」と答え、コシエルニーを苦手な選手に挙げた。

フットボールチャンネル

最終更新:10/15(土) 11:41

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。