ここから本文です

ペップが現役時代にバルサで共闘した“世界最高のリベロ”に敬意 「彼を見て多くを学んだ」

Football ZONE web 10/15(土) 18:44配信

エバートンを率いるクーマン監督と再会へ

 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、エバートンのロナルド・クーマン監督と現役時代にバルセロナで共闘した際に、“執事”のように振る舞っていた過去を告白した。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 本拠地エティハド・スタジアムにエバートンを迎えるペップ監督は、1990年代にバルセロナでともに戦った偉大な先輩との絆を振り返った。

「ロナルドが水を必要とした時、彼は起き上がって僕から水を受け取ったんだ。私は年下で彼を尊敬していたんだ。彼はただのチームメートではない。多くの時間をともにしたんだ。彼はすごく寛大でね。ピッチ内外でもそうだった。彼を見て多くを学んだんだ」

 現役時代バルセロナで共闘した元オランダ代表DFのクーマン監督への心酔ぶりを指揮官は明かした。FKのスペシャリストとしてバルセロナのリーグ4連覇に貢献し、UEFAチャンピオンズリーグを制覇するなど、現役時代、世界最高のリベロと呼ばれたクーマン氏と若き日のペップは同部屋だった。先輩の求める水を甲斐甲斐しく運ぶなど、“執事”のような状態だったという。

「彼は単に守備をするだけではないクオリティーを備えた最初のセンターバックの1人だ。ヨハン・クライフはロナルドのようなセンターバックを必要としていたので、彼を獲得し、我々に指導したんだと思う。彼は重要な試合を、一度も休まなかった数少ない選手の一人だ」

「人生で出会った最高のCBの一人」

 今年他界した故クライフ氏の薫陶を受けた指揮官にとっては、クーマン氏こそが現役時代の手本だったようだ。

「彼は常にビッグゲームでも活躍した。チャンピオンズリーグのアトレチコ・マドリード戦で、彼は素晴らしかった。人生で出会った最高のセンターバックの一人だ」

 ペップ監督はこう語った。指導者としては、師弟関係が逆転している。エバートンで現在5位と好調のクーマン氏は、2006-07シーズンにオランダ強豪PSVでのリーグ優勝を最後にタイトルから遠ざかっているのに対し、リーグ首位のシティを率いるペップ監督はバルセロナ、バイエルンでタイトルの山を築いている。

 エティハド・スタジアムで相見えるバルサのレジェンドは、お互いにどのようなタクトを振るうのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/15(土) 18:44

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。