ここから本文です

原口、脅威を感じた相手は19歳MF「フラフラしててあのスピード。なかなか掴めない」

フットボールチャンネル 10/15(土) 12:40配信

 ブンデスリーガ第7節が現地時間14日に行われ、ヘルタ・ベルリンはドルトムントと対戦し1-1の引き分けに終わった。日本代表FW原口元気はこの日も先発起用されフル出場を果たしている。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 試合は引き分けに終わったものの、ヘルタのスタッフなどは勝ち点1を獲得したことを喜んでいた。この結果、ヘルタは暫定2位をキープしドルトムントは暫定3位となっている。

 原口もドルトムントの強さは認めており「結局、デンベレ、オーバメヤンと。それが強いチームですね。あれは真似してもできない。なかなか防ぎきれるものではないので。結局、そういうクオリティのあるチームということなんで。勝ち点1はオッケーかと思います」と、勝ち点1でも良しとしている。

 また、試合の中で脅威を感じた相手選手がいたようで「デンベレ…そう。あの時間帯に入ってきて、あそこらへんでフラフラしていて、あのスピードでしょ、なかなか掴めないですよね」とし、「あのクオリティはすごいと思います。結構ね、早いし。あれはすごいですね、すごいですねなんて言っている場合じゃないですけどね。負けたくないですけど、あれはクオリティは高いですね」と、ドルトムントの19歳MFウスマン・デンベレの能力の高さに衝撃を受けたことを明かしている。

フットボールチャンネル

最終更新:10/15(土) 12:47

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。