ここから本文です

インテルが来夏衝撃の爆買い!? スアレス、アグエロ、ハメスの“南米トリオ”獲得を目論む

Football ZONE web 10/15(土) 19:47配信

潤沢な中国マネーをバックに大型補強に動くと、伊紙が報じる

 日本代表DF長友佑都の所属するインテルが、身売りした中国企業の資金力を背景に、来夏の移籍市場でバルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレス、マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ、レアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスという世界トップクラスのスター選手の“爆買い”を画策していることが分かった。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 インテルは経営難により、中国企業の蘇寧グループに身売りし、今夏の移籍市場でもチャイナマネーを背景にポルトガル代表MFジョアン・マリオ、ブラジル代表FWガブリエル・バルボサという将来性豊かなタレントを獲得した。だが“チャイナ・インテル”の野望は、とどまるところを知らないようだ。

 蘇寧グループのザン・ジンドン会長は、「我々はインテルを世界の頂点に戻したい」と断言。天文学的な補強資金を提供することになるという。

 2トップはスアレスとアグエロの南米2トップ。それをレアルの背番号10、ハメスがトップ下で操るというのが来夏の補強目標だという。そして、監督にはアトレチコ・マドリードを率いる闘将ディエゴ・シメオネの招聘を画策しているという。

今冬にはマンUのダルミアン獲得を狙う

 インテルは今夏の移籍市場の最終盤で、ハメス獲得のオファーを出したが失敗したとレポートされていたが、大物獲得の野望を諦めるつもりはないようだ。すでに1月の移籍市場で、マンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン獲得に向けて正式オファーを出しているとも報じられている。

 2009-10シーズンにUEFAチャンピオンズリーグ、セリエA、コパ・イタリアの三冠を達成した名門は、強豪復活のために金に糸目はつけない模様だ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/15(土) 19:47

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。