ここから本文です

宇佐美はシャルケ戦で今季5試合目のベンチ外 日本代表のエース候補が今や“戦力外状態”に

Football ZONE web 10/15(土) 22:18配信

10月のワールドカップ最終予選メンバーに招集されるも、負傷で代表辞退

 アウクスブルクの日本代表FW宇佐美貴史は、15日の第7節本拠地シャルケ戦において3試合連続でベンチメンバーから外れた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 宇佐美はここまで今季リーグ戦6試合でスタメン出場なし。ベンチ外は今節も含めて早くも5試合目となった。開幕戦のヴォルフスブルク戦で後半37分から出場したが、この8分間が公式戦で唯一の出場時間となっている。

 ロシア・ワールドカップアジア最終予選では、10月6日のイラク戦と11日のオーストラリア戦のメンバーに招集されていたが、宇佐美は9月29日の練習で負傷し、代表辞退という羽目に陥っていた。

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は宇佐美のポテンシャルを高く評価し、海外移籍について「嬉しい。変わらざるを得ない状況を自分で作った」と大歓迎していた。だが、ブンデスリーガ12位という中位のクラブで“戦力外”状態となってしまったエース候補の窮状を、ハリル監督はどう考えているのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/15(土) 22:18

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。