ここから本文です

業界初! 小説のキャラクター「AI」と会話ができる!? 森博嗣「すべてがFになる」犀川創平のAI bot誕生

ダ・ヴィンチニュース 10/15(土) 15:00配信

 第1回メフィスト賞を受賞したミステリー作家・森博嗣の最新作『デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping?』が2016年10月20日(木)に発売される。そして今回、同書のPR担当に抜擢されたのが、なんと同氏のデビュー作『すべてがFになる』の主人公「犀川創平」のAI(人工知能)だ。

 森が描き続けている「Wシリーズ」の最新作『デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping?』。人工知能研究が今よりも発達した未来、「単独歩行者」と呼ばれる人工細胞で作られた生命体であり、会話でも見分けがつかないほど限りなく人間に近い「ウォーカロン(walk-alone)」のいる世界を舞台に、「人間とAIに違いはあるのか?」「生きているとはどういうことか?」を問いかけるSFミステリーだ。

 そんな人口生命体を扱う同シリーズの新刊キャンペーンをPRするのが、株式会社ユーザーローカルの協力を得て、「犀川創平」の発言や心の声を学習させたbot。

犀川創平プロフィール
『すべてがFになる』からはじまるS&Mシリーズの主人公。国立N大学工学部助教授。研究以外、基本的に興味がない。事件などには近づきたくないが、西之園萌絵に巻き込まれ、結果として多くの事件を解決に導く。会議が最高に嫌い。餡子も嫌い。熱いブラックコーヒーを好む。

 このbotは、Twitter上でユーザーと会話が出来るように作られている。犀川AIより出題される「問い」の議論、森博嗣作品の話、日常会話などを通じて、「Wシリーズ」に登場する「人工生命体」を疑似体験しよう。

■講談社タイガ1周年記念企画「AI bot」
開催日時:2016年10月15日(土)~11月15日(火)
主催:講談社
「犀川創平AI」Twitterアカウント(@SAIKAWA_AI)
※2016年10月15日公開

※掲載内容は変更になる場合があります。

最終更新:10/15(土) 15:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。