ここから本文です

【ルヴァン杯決勝】PK戦で輝いた西川が告白。「レッズに来てからPKを1本も止めてなかったので…」

SOCCER DIGEST Web 10/15(土) 16:25配信

4人目・呉屋のキックを右足でストップ!

[ルヴァンカップ決勝]G大阪1(4PK5)1浦和/10月15日/埼玉スタジアム2002
 
 

【ルヴァン杯決勝 PHOTO】G大阪 1(4PK5)1 浦和|激闘の末浦和が13年ぶり2度目のリーグカップ制覇!

 延長を含む120分でも決着がつかずに突入したPK戦。勝負を決めたのは、浦和の日本代表GK西川周作だった。G大阪4人目のキッカーを務めた呉屋大翔のシュートを右足でストップし、PK戦5-4での勝利に貢献した。
 
「本当に今日集まってくれたたくさんのサポーターとともに120分戦って、PK戦は絶対に止めてやろうと思っていた。自分を信じてやった結果、こうやってみんなの笑顔を見ることできて本当に良かった」
 
 試合後のインタビューでそう語った西川は、こんなエピソードも明かした。
 
「レッズに来てからPKを1回も止めてなかったので責任を感じていた部分があったんですが、しっかりとゴールを守ることができてよかった」
 
 14年の移籍後初のPKストップが、クラブに13年ぶりとなるリーグカップ戦のタイトルをもたらした。このタイトルは、西川にとっても大きな一歩となったに違いない。

最終更新:10/15(土) 19:35

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。