ここから本文です

【ルヴァン杯決勝】“ミシャ・チルドレン”の槙野が待望のタイトルに歓喜。「これを待ってました!!」

SOCCER DIGEST Web 10/15(土) 16:28配信

「みんなで掴み取った勝利なので嬉しい」。

[ルヴァン杯決勝] G大阪1(4PK5)1 浦和/10月15日/埼玉スタジアム2002

【ルヴァン杯決勝 PHOTO】G大阪 1(4PK5)1 浦和|激闘の末浦和が13年ぶり2度目のリーグカップ制覇!


 
 PK戦までもつれる激闘を制し、浦和が13年ぶりのルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)のタイトルを手にした。槙野智章にとっても、自身初の国内3大タイトルとなる、特別な優勝である。
 
 17分、槙野はカウンターを狙うアデミウソンを止められず、先制点を献上。それでも、その後は粘り強い守備で最少失点で切り抜け、120分+PK戦を戦い抜いた。
 
 ペトロヴィッチ監督と10年間に渡って師弟関係にある槙野は、“ミシャ・チルドレン”の代表格だ。試合前日には「彼(ペトロヴィッチ監督)に何ひとつ良いプレゼントをあげることができていない。明日こそ、本当の笑顔を見るためにトロフィーをプレゼントしたい」とタイトルへの強い決意を見せていたが、ついに歓喜の瞬間が訪れた。
 
「いやー、嬉しいね。これです、これ。待ってました!! 。何度も惜しいところまで来ましたけど、みんなで掴み取った勝利。嬉しいです!!」
 
 恩師に最高のプレゼントを届け、槙野の顔には充実感が漂っていた。

最終更新:10/15(土) 19:05

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ