ここから本文です

【ルヴァン杯決勝】最も走った選手は…“あの左SB”が「2冠」に輝く

SOCCER DIGEST Web 10/15(土) 19:15配信

両チームで唯一の16km台をマークした藤春が走行距離ナンバー1。

[ルヴァン杯決勝] G大阪1(4PK5)1 浦和/10月15日/埼玉スタジアム2002

【ルヴァン杯決勝 PHOTO】G大阪 1(4PK5)1 浦和|激闘の末浦和が13年ぶり2度目のリーグカップ制覇!


 
 ルヴァンカップに名称変更後、初のタイトルは浦和レッズが手にした。試合はPK戦までもつれる死闘となったが、120分間で最も走った選手は誰か。Jリーグ公式サイトで発表されたトラッキングシステムのデータより、走行距離とスプリント回数をランキング化した。
 
 両チームトップの距離を走破したのは、G大阪の左SB藤春廣輝。延長戦も含めて激しいアップダウンを繰り返し、チームのために身体を張った。

 もっとも、対峙した関根貴大や駒井善成の仕掛けに押し込まれる場面も多く、「効率」に関してはあまり良くなかった印象だ。その他、2位と3位には、守備で広範囲をカバーする献身性を見せた、ボランチの柏木陽介と井手口陽介が入った。
 
■両チーム総合 走行距離トップ5
順位 選手名  出場 走行距離
1 藤春廣輝  120分 16.009km
2 柏木陽介  120分 15.618km
3 井手口陽介  120分 15.447km
4 関根貴大  120分 14.876km
5 阿部勇樹  120分 14.801km
 
■G大阪 走行距離ランキング
順位 選手名 出場 走行距離
1 藤春廣輝 120分 16.009km
2 井手口陽介 120分 15.447km
3 今野泰幸 120分 14.145km
4 米倉恒貴 120分 13.988km
5 丹羽大輝 120分 13.805km
6 遠藤保仁 120分 13.505km
7 金 正也 120分 12.783km
8 倉田 秋 88分 11.545km
9 大森晃太郎 72分 9.009km
10 長沢 駿  54分 8.336km
11 アデミウソン 66分 7.115km
12 藤本淳吾 48分 6.635km
13 東口順昭 120分 6.013km
14 呉屋大翔 32分 4.872km
チーム合計 153.207km
 
■浦和 走行距離ランキング
順位 選手名 出場 走行距離
1 柏木陽介 120分 15.618km
2 関根貴大 120分 14.876km
3 阿部勇樹 120分 14.801km
4 森脇良太 120分 14.319km
5 興梠慎三 120分 13.795km
6 槙野智章 120分 13.629km
7 遠藤 航 120分 13.545km
8 駒井善成 84分 12.100km
9 高木俊幸 76分 9.241km
10 武藤雄樹 70分 8.232km
11 ズラタン 50分 6.938km
12 西川周作 120分 6.827km
13 李 忠成 44分 6.142km
14 宇賀神友弥 36分 3.893km
チーム合計 153.956km

1/2ページ

最終更新:10/17(月) 3:08

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。