ここから本文です

【ルヴァンカップ決勝】サポーターに感謝の武藤。「“あの声”を聞いたら、うちが勝つでしょ」

SOCCER DIGEST Web 10/15(土) 20:19配信

「うちのゴール裏のほうでPK戦をやっていたらもうちょっと早く…」

 [ルヴァン杯決勝] G大阪1(4PK5)1 浦和/10月15日/埼玉スタジアム2002
 
 浦和の武藤がルヴァンカップ制覇の勝因のひとつに挙げたのは、「サポーターの力」だった。
 
「埼スタでやるのは大きなアドバンテージでした。スタジアムはほぼ赤で埋まっているので、これだけ素晴らしい環境はほかにないです。PK戦になった時の(サポーターの)声を聞いたら、やっぱりうちが勝つでしょと、そう思います」
 
 PK戦になった時、円陣を組んだチームの雰囲気も良かったという。
 
「絶対に勝てるという言葉が飛んでいましたし、今日の試合内容を観れば俺たちが勝つべきだという声も飛んでいた。キッカーも自信を持って蹴っていた。僕はベンチで見守るだけでしたけど、勝って嬉しかったです」
 
 今回のPK戦はG大阪のスタンド側で行なわれたが、もし逆サイドのゴールでやっていたら“違う結果”になっていたかもしれないと武藤は言う。
 
「いつも以上にお客さんが入っていたので、PKとかピンチになった時の声はまあすごいですよね。うちのゴール裏のほうでPK戦をやっていたらもうちょっと早く結果が決まっていたかもしれない。そのくらい相手を威圧というか、すごかったです」
 
 そんな武藤はサポーターを含め浦和レッズというチームに感謝している。
 
「僕のプロサッカー生活を浦和レッズが変えてくれたのは大きいので、もっとタイトルを獲って貢献したい。今日も勝ちましたけど、自分が活躍するイメージは持って今日ピッチにきたので、そういう意味でいえば、悔しい思いも自分のなかではある。ここからシーズン終盤になって大事な試合が続くので、次こそは僕がゴールを決めて勝利に貢献したい」

【浦和】2得点に絡んだ武藤。「”あの時”は僕のせいで負けた」G大阪戦で痛快なリベンジ

最終更新:10/15(土) 23:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。