ここから本文です

ホテルオークラに学ぶ「快適な部屋」のコツ

東洋経済オンライン 10/15(土) 15:00配信

 ホテルの客室には部屋をすっきり見せ、快適に暮らすためのヒントがたくさんあります。

この記事の写真を見る

 家庭でも取り入れられるワンポイント・インテリア術をホテルオークラ東京の客室課・川村さんに聞きました。

■部屋を広く見せる家具選び

 ホテルオークラ東京の客室は、スムーズな動線を確保し、ゆったりと過ごせるように考えられています。

 しかし、客室の大きさには限りがあります。

 そこで家具は部屋の面積や空間に対して大きすぎないのものがセレクトされているほか、鏡やガラス素材を使った家具が多く取り入れられています。

 家具は大きい方が使い勝手がいい場合もありますが、コンパクトにして部屋を広く使うのもひとつの手。

 鏡は部屋に奥行き感を与え、ガラス素材を使った家具は圧迫感をなくす効果があります。

 コードやケーブルがごちゃごちゃしていると、部屋が片付いていてもすっきりしない印象を与えます。

 そんなときに便利なのが、結束バンドとワイヤーステッカーです。

 結束バンドはテレビの裏やパソコンの裏のコードをまとめるグッズ。ホテルでもかなり活用されています。

 ワイヤーステッカーはコードを固定するときに便利。テーブルの裏や壁の段差などにコードを這わせて固定できるほか、目隠し代わりにも。

 どうしても隠せないケーブルはくるくる丸めて画像のようなケーブルボックスに入れるのもひとつの方法です。

 いずれもホームセンターで手に入ります。

洗面所の収納に役立つ意外なアイテム

 洗面所のアイテムでホテルオークラ東京が利用しているのは、中がバスケットになったスツール。

 ドライヤーや美容家電など出しっぱなしにしがちなアイテムを収納できるほか、ゴミ箱に利用することもできます。

■2つの枕でくつろぎタイム

 ホテルオークラ東京のベッドには、枕が2つ用意されています。

 2つの枕で眠ると包まれたような贅沢な寝心地が体験でき、寝室でテレビを観るときも頭が支えられるので快適です。

 厚みのある重い陸鳥の羽毛の枕を下に置き、ソバ・パンヤ・水鳥などの軽い枕を上に立てかけ、画像のようにL字型にセットすると、すっきりした印象になりますよ。

 (文:岡本 のぞみ)

マイカジスタイルの関連記事
デニムを長持ちさせるための干し方、3つのポイントとは? [ホテルオークラ東京に学ぶ! ]短時間で、でもしっかりキレイになるお掃除テクこれで毎日ピカピカ&快適!  フローリング掃除のポイント 

 ※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。

マイカジスタイル

最終更新:10/15(土) 15:00

東洋経済オンライン

東洋経済オンラインの前後の記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ