ここから本文です

女性が「5kg痩せて見える」髪型のカラクリ

東洋経済オンライン 10/15(土) 6:00配信

 1日で体重を落としたいなら脂肪吸引かもしれませんが、一瞬で「見た目体重」を落としたい女性がまず手を着けるのは、断然、「髪」です。

 前髪の分け目を変えたり、ヘアカラーで小顔に見せたり、顔に影を作る毛を落とすだけで、実際に数キロ痩せるよりも、よっぽど「痩せて見せる」ことができます。

 髪で「見た目体重」をコントロールできることをいちばんよく知っていて、それをフル活用しているのが女性芸能人。私はいままで、数多くの芸能人のヘアスタイルを撮影させてもらったり、そのこだわりを取材させてもらってきましたが、彼女たちは、とてもよく「髪と、その見られ方」の関係性を研究して、少しでも美しく見えるヘアスタイルを取り入れています。

■ほとんどのアイドルが作る「命毛(いのげ)」とは

拙著『女の運命は髪で変わる』でも触れましたが、見た目体重マイナス5キロを実現する「毛」をうまく操っているのが女性アイドルです。 たとえば、AKBの指原莉乃さんや渡辺麻友さんの髪型。前髪とは別に、ほほ骨のあたりにひと束、あごくらいまでの長さの毛が落ちています。これは意図的に落としているのですが、この毛が生み出す影は、顔をすっきり細く見せる効果があります。メイクでいう「シェーディング」にあたる影です。

 この毛は、髪の毛をおろしているときだけではなく、髪をアップにするときに、さらに威力を発揮します。ポニーテールやツインテールにすることが多いアイドルにとって、このほほ骨のあたりに落ちる毛があると、髪をまとめたときにも顔が全開にならず、顔幅が狭く細く見えるのです。

 ほほ骨に落とすこの5キロ痩せて見える毛のことを、私たちヘア業界の人間は「命ほど大事な毛」という意味合いで「命毛(いのげ)」と呼んでいます。よくよく観察すると、AKBメンバーやハロプロのメンバーのほとんどにこの毛があります。そしてももクロの5人にも、もれなくこの毛があります。

1/2ページ

最終更新:10/15(土) 6:00

東洋経済オンライン

東洋経済オンラインの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。