ここから本文です

ヤマハ・MT-09がマイナーチェンジ!イメージはまるで”闇堕ち”?!

clicccar 10/15(土) 19:03配信

YAMAHA MTシリーズは、「官能的なライディングを実現する新ロードスター」をコンセプトに作られた人気シリーズ。その中でもMT-09は乗りやすさとスタイリングから多くのファンがいる人気車種。



そんなMT-09が今回初のマイナーチェンジを遂げ、欧州で販売されることが発表されました!


今回のマイナーチェンジはスタンダードモデルのイメージからガラッと変わっています。

例えるならば「悪かっこいい!!」と言った感じでしょうか。スタンダードモデルが”闇堕ち”するとこんな感じになるのかもしれません。

フロントマスクはLED・4灯のヘッドライトと大型エアインテークを採用。リアフェンダーも片持ち可動タイプに。
エンジン内部はシフトダウン時に穏やかな車体挙動をするようにしてくれるA&S(アシスト&スリッパー)クラッチや、シフトアップを滑らかにしてくれるQSS(クイック・シフト・システム)などを新しく採用しています。







どのカラーも個性が輝く良いカラーですね。

MTシリーズの最大排気量クラス、MT-10もかなり悪かっこいい感じを極めていますが、09の次は10、と考えるとMTシリーズが生き物のようにも思えてきます笑。

今回のモデルの発売日は欧州にて2016年12月下旬発売予定となっています!
※記事中画像は欧州仕様です。

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

最終更新:10/15(土) 19:03

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。