ここから本文です

持ち運べるノートPCサイズのEV、「WALKCAR」 受注開始!

clicccar 10/15(土) 11:33配信

とかく体力を消耗する、広大な展示場やショッピングセンターでの「見て歩き」。

そんな時に誰もが一度は「あったらいいな」と思う乗り物「WALKCAR」を開発した日本のEVベンチャー「ココアモーターズ」を以前にご紹介しました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



その後、量産・販売体制に目処が付いたようで、いよいよ受注を開始するそうです。

「WALKCAR」はバッグに入れて持ち運べる13インチノートPCサイズで、カーボン製ボディの採用により僅か2.8kgと非常に軽量。

最高速度は16km/h、フル充電で約1時間の継続走行が可能とか。



創業者の佐藤国亮代表によれば、大学入学で上京、それまでの車中心の生活から電車と徒歩の生活に一変。その結果、行動範囲が狭まり、長時間の徒歩が苦痛に感じたため、5年前から独自にソフトウエア開発に取組んで来たそうです。

開発目標はクルマを携帯する「Car in your bag」だったとか。



ハンドルもコントローラーも無く、運転操作は実に簡単で、重心移動により進行方向の切替が可能になっており、ボディから降りるだけで自動的に停止する安全設計。

もちろん駐車場の心配も要りません。

来年9月からの世界13ヶ国での発売に先駆け、10月21日(金)13:00より、同社のWebサイトで受注を開始。



発売価格は12.8万円で、来年9月より順次発送を開始するそうです。

大型ショッピングモールやイベント会場内での利用など、用途が色々と考えられるだけに、ヒット商品になる可能性を秘めていそうです。

(Avanti Yasunori・画像:COCOA MOTORS)

最終更新:10/15(土) 11:33

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。