ここから本文です

日常にある「工事現場の落下事故」に巻き込まれる怖さ

週刊SPA! 10/15(土) 9:10配信

 世の中には、命の危険と隣り合わせの仕事が数多くある。米ミネソタ州のニュースメディア「The Gazette Review」が発表した「2016年版 最も危険な仕事トップ10」を見ると、10位に建設労働者がランクインしていることからもわかるように、工事現場には常に危険が隠れているものだ。

⇒【写真】どこにでもある工事現場の恐ろしさ

 しかし、その危険はときに労働者以外にも及ぶことがある。14日午前、東京都港区六本木3丁目のマンションで工事用の足場の解体作業中、10階部分から長さ1.5メートルの鉄パイプが落下し、歩道を歩いていた70代男性の右側頭部に突き刺さった。男性は病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。はたして、現場の安全管理は徹底されていたと言えるのだろうか?

 今回の事故現場は首都高速に面しており、六本木駅や六本木一丁目駅を利用する通行人の往来があった場所だ。もちろん、こうした事故の瞬間に誰しも巻き込まれてしまう危険性があるのは否定できないだろう。

 例えば、都営浅草線に本所吾妻橋という駅がある。浅草とスカイツリー(押上)といった東京の人気観光地の間に位置し、浅草寺からスカイツリー、もしくはその逆ルートを周遊する観光客らの通行が多い場所である。現在、4つある出入口のうち、A1出入口の隣は工事現場となっている。歩道の真上を見上げるとそこには工事の足場があり、浅草や新橋、品川方面へ向かう利用者はこの下を通行せざるをえない状況となっているのだ。近隣の女性はこう話す。

「A1、A2出入口は浅草方面、A3、A4出入口はスカイツリー方面へと電車が向かうため、港区に職場があるわたしはいつもA1を利用しています。A1のすぐ側は工事現場となっており、下を通行するだけでもひやひやするので、横断歩道を渡ってA2に遠回りすれば危険は回避できるのですが、なかなか朝の通勤時間では毎日遠回りする時間の余裕もないですね……」(30代・女性)

 もちろん、こうした工事現場のすべてが危険だと言いたいわけではない。建設会社の大半は安全管理を徹底しているだろう。しかし、今回の事故が起こってしまったことからもわかる通り、工事現場の足場の下を通行せざるをえない場所は都内に点在しているのだ。決して他人事ではなく、誰しも事故に巻き込まれる可能性があるということだろう。さらに別の男性は、工事現場でよく見かける“ある行為”に不安を抱いているという。

「現場で働いているみなさんはプロフェッショナルなので心配ないとは思うのですが、工事現場を見ていると互いに鉄パイプなどを投げて渡している光景をよく目にします。安全管理を徹底しているとは言え、万が一のことがあったらと考えると怖くて工事現場には近づけません。今回の事故があったからこそ、これから工事現場の近くを通る際には上を向いて歩こうと思います」(20代・男性)

 今回のような悲劇が繰り返されないことをただただ祈るばかりだ。同じ悲劇が起きてしまってからではもう遅い。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

日刊SPA!

最終更新:10/15(土) 9:10

週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2016年12月13日号
12月06日発売

¥390

・[転売で儲ける](秘)メソッド
・[ゲス不倫ブーム]知られざる波紋
・[痛すぎる発言]ランキング
・冬のボーナス[有名企業50社]対決

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。