ここから本文です

メダル獲得でバーベルに頬ずり 三宅宏実が抱くグッズへの感謝

NEWS ポストセブン 10/16(日) 7:00配信

 ロンドン五輪での銀メダル獲得に続き、リオ五輪でも銅メダルを獲得した女子ウエイトリフティング48kgの三宅宏実選手(30)。今回の五輪で銅メダルを決めた試技を成功した直後、バーベルに駆け寄り、頬ずりをするシーンが印象に残っている人も多いだろう。あの姿から三宅が道具を大事にしている様子が見て取れたが、なぜあのような行動を取ったのか。彼女はアスリートを支える「道具」「モノ」「グッズ」に対しどのような思いを抱いているのか。三宅が語る。

「グッズというのは、私の練習のパートナーで、これがあるからずっとウエイトリフティングをやっていけるというほど、大切なものです。それぞれのモノには、それを作ってくれる職人さんがいたり、開発してくれる人がいたりと、大勢の人がかかわっている。そういう道具があるからこそ、私はウエイトリフティングができているんだなっていつも思っています。モノがなければ私はこの競技ができていないわけですからね。

 たとえば、ウエイトリフティングにしても、重いものを毎日下に落とす……という競技を私はしているわけです。ただ、選手によっては自分のシャフト(バーベルの棒部分)を足蹴にしたりする人もいます。そういう人を見ると私自身は、少し寂しい気持ちになってしまいますね。自分の使っている道具を大切にするというのは、自分のことを大切にするのと一緒。シャフトはもちろん、自分が着用するTシャツなどのウェアひとつだって、みんな私と一緒に頑張ってきてくれているもの。仲間なんです。だから、その子たちを大切にしてあげるというのはすごく大事なことじゃないかと思っています」(三宅、以下「」内同)

 こうした「モノ」への感謝がまずあったうえで、三宅が大切にしているグッズを紹介してもらった。まずは、「シャフト」についてだ。メーカーは埼玉県・八潮市に作業所を構えるウエサカティー・イー。三宅は過去、某テレビ番組で、シャフトを作る職人の工房を動画で見せてもらったことがあるという。これらは1本1本オーダーメイドで作るもので、その巧みな職人技を目の当たりにした。以後、自分の使っている道具を本当に大事にしないといけないと感じるようになった。

1/4ページ

最終更新:10/16(日) 14:24

NEWS ポストセブン