ここから本文です

削りかすまで美しい「桜の鉛筆」、がんばっているあの人へ

東京ウォーカー 10/16(日) 6:00配信

涼しくなって「学びの秋」している人も多いのでは?

受験生のいる家庭では本格的な仕上げが始まる季節、社会人なら資格の勉強などに身の入りやすい季節ですよね。もし周りにいろいろな「合格」に向けてがんばっている人がいるなら、こんな文具を贈って応援の気持ちを形にしてみるのはいかがでしょう。

【写真を見る】真上から見ると軸が桜型! 筆圧が高い人は指が凸凹になりそうなので、お守り的に持つとよさそう



それは鉛筆の"軸"がさくらの花の形に削られている「さくらさくえんぴつ」(サンスター文具)。同社主催の「第20回 文房具アイデアコンテスト」での受賞作品を商品化したもので、東京下町にある老舗鉛筆工場の協力のもと、約1年半の歳月をかけて完成させ、この秋新発売にいたったのだとか。



さくらをかたどった軸だけでなく、さくらの花を表現するための塗装にもこだわりが。白色を3回塗り重ね、その上にピンク色を3回、さらにパール塗装を施すことで、可憐な色合いを実現しているそう。そのため、さくらさくえんぴつをナイフでゆっくりと丁寧に削ると、削りかすはまるでさくらの花びらの形に。パッケージには水引の飾りがプリントされているので、ギフトとしてそのまま渡すこともできます。



受験や試験のお守りのほか、日本びいきな海外の方への贈り物としても喜んでもらえそうです。素敵な文房具で応援の気持ちを伝えつつ、場に華をそえてみて。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:10/16(日) 6:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。