ここから本文です

しょうがとみそが体をあたためる「鮭とたらこのみそ煮」

東京ウォーカー 10/16(日) 16:00配信

石狩鍋でもご存じ、好相性の鮭とじゃがいもに、たらこをプラスすることで、うまみがグッとアップ! しょうがとみその効果で体も内側からあたたまる、この時期におすすめの一品です。冷蔵庫に早く食べなきゃいけないたらこがあったら、ぜひトライしてみて!

【写真を見る】みそは仕上げに溶かし入れると風味を損なわない。容器に入れ、煮汁で先に溶いておくと簡単



【鮭とたらこのみそ煮】(1人分264Kcal、塩分2.3g、調理時間15分)



<材料・2人分>生鮭2切れ、たらこ約40g、じゃがいも2個、万能ねぎ1本、合わせ調味料(しょうがの薄切り6枚、酒大さじ3、砂糖小さじ1、しょうゆ小さじ1/4)、みそ



<作り方>

(1)じゃがいもは1cm厚さの輪切りにする。万能ねぎは3cm長さの斜め切りにする。鮭は3~4等分に切り、たらこは2cm幅に切る。

(2)鍋にじゃがいも、水1 1/2カップを入れて強火にかける。沸騰したら弱めの中火にし、ふたをして約6分煮る。じゃがいもがやわらかくなったら鮭、合わせ調味料を加えて1~2分煮る。

(3)たらこを加えてさっと煮る。みそ大さじ1を煮汁適量で溶いて加える。器に盛り、万能ねぎをのせる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:10/16(日) 16:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。