ここから本文です

世界一日本の歌がうまい外国人、ニコラス・エドワーズが感じる「日米男女の共通点」

週刊女性PRIME 10/16(日) 7:00配信

 SMAPの中居正広が司会を務める、世界一日本の歌がうまい外国人を決める『のどじまんTHEワールド』(日本テレビ系)で、過去最多となる3度の優勝を記録。プロが絶賛する歌唱力と、群を抜いたルックスで女性の心をがっちりつかむニコラス・エドワーズが、シングル『Freeze』(10月19日発売)をリリース。今作では、作詞も担当している。

「気づいたら、女性の魅力にハマって、抜け出せないほどに追い込まれていた……恋におぼれた男性をモチーフに歌詞を作らせていただきました。同じ経験したことがあるか? どうですかね? (笑)。僕、日本語が素晴らしいと思うのは、物事をミステリアスに終わらせることができることだと思います」

 微笑みを浮かべる。3歳のとき、ギタリストの父の誕生日にバースデーソングを歌い、拍手をもらってから歌手を夢見るように。その後、日本語の魅力に強く惹かれ、日本にホームステイしたことが転機となった。

「15歳で初めて日本に来たとき、大げさな話かもしれませんが“ここが自分のいるべき場所だ”という感覚があったんです。歌が好き、日本語が好きなら、日本で歌手になるしかない。高校を卒業した翌日、17歳で日本に来ました」

「日本語の入った歌でグラミー賞をとりたい」

 インタビューは、すべて流暢な日本語で。来日して、わずか1年で日本語能力試験1級に合格するほどの実力の持ち主。2年前に発売した、初のオリジナル・フルアルバム『HARDSPICE』以降、作詞・作曲も手がけるようになった。

「歌に関しては、まだまだやりたい形に達していないです。日本語も、この前“遵守”が読めなくて、悔しかった。ふつう使うのは、“厳守”だろって(笑)

 僕の持ち味であるパッションを全面に押し出した『Freeze』を、たくさんの方に届けることもそうですが、いずれは、自分の作品で、なおかつ日本語の入った歌でグラミー賞をとりたい。日本語の魅力を、もっと世界の方に知っていただきたいので」

 どんな女性がタイプか尋ねると、

「熱心になっているものがある人。思っていることを我慢しないで言い合える人がいい。日本の女性は我慢する人が多いってよく聞きますが、本当かな? 距離がものすごく近づいたら、日本の女性もアメリカの女性も変わらないと思います(笑)

 男性も一緒で“オレ、奥が深いから”っていう雰囲気を出している日本人もアメリカ人も、意外と中身がないことが多い。そんな男かもしれない僕でも、いいと言ってくれる人がタイプです(笑)」

<プロフィール>
ニコラス・エドワーズ
'92年7月31日、米オレゴン州ポートランド出身。186センチ、AB型。現在、BSフジ『beポンキッキーズ』(月~金曜日、7時30分~)に出演中。10月16日にはメルパルク大阪 イベントホールにて、12月3日にはEX THEATER六本木にてライブを開催。詳細は、公式サイト http://www.nicholas-edwards.jp/

最終更新:10/16(日) 7:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。