ここから本文です

制服のブーツのせいで水虫に!現役3大制服公務員らが語る最大重量50キロの制服勤務の苦悩

サイゾー 10/16(日) 15:00配信 (有料記事)

――ここまで、アパレル業界における制服市場の大きさを明らかにしてきたが、では、実際に着用している公務員たちは、その制服にどんな思いを持っているのか? 現役の警察官、自衛隊員、消防士に話を聞いた。

A…警視庁警察官
B…埼玉県警警察官
C…朝霞駐屯地陸上自衛官
D…横浜市消防局消防官

──早速ですが、皆さんは基本的に毎日制服を着てお仕事をされているんですか?

A 私は刑事なんで、普段は制服は着てませんね。式典の時などくらいでしょうか。あとは、家宅捜索の時などに、「警視庁」って書いてある赤いベストをスーツの上に着ます。

B 同じ警察でも、私のほうはいわゆる「お巡りさん」なので、毎日制服で仕事してます。

C 僕は制服というよりも戦闘服、皆さんもご存じの迷彩服のほうが多いですね。自衛隊ではかなり前から、「常在戦場(いつでも戦場にいる心構えで事をなせという心得)」ということで、戦闘服勤務になったんです。

D 自分は、消防署での待機中は、出動服というオレンジの服を着ています。

──制服や勤務服のメリットやデメリットなどはありますか?本文:5,303文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:10/16(日) 15:00

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2016年12月号
11月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:人気映画の裏話
第2特集:「アスペ」増殖論争勃発か?
第3特集:「春画」ブームの正体

なぜ今? 首相主導の働き方改革