ここから本文です

ハワイの注目体験、Table to Farm「ファンタシー・ダイニング」ってなに? [おとなスタイル]

講談社 JOSEISHI.NET 10/16(日) 9:00配信

2016年2月から、ロイヤル・ハワイアン・ホテルでスタートした「Fanta-Sea Table Dining Series~ファンタシー・ダイニング・シリーズ」。
今年の2月からスタートした記念すべき第一回目、ロイヤル・ハワイアンのエグゼクテ ィブシェフ、コリン・ハザマさん とアズーアのシェイマス・アルウ ィンさんが贈る、シェフズ・テー ブル・ディナーとファーム・ツア ーを取材してきました。ディナーとローカルファームの両方を味わい、楽しむ、隔月一回のスペシャルイベント。1日目はディナーをいただき、2日目にファームを見学します。

まず1日目、アクアポニックスから 生まれた魅惑のディナーを堪能します。

「まず食べて、それから畑を案内 するという、いわゆるFarm to Tableとは逆の発想がおもしろいですね。メインになった ティラピアという淡水魚は、今回 の畑“マリズ・ガーデン”のアクアポニックス(水槽で魚を飼いながら植物を育てる)で育った魚。 思いもよらないアイデアと、趣向 を凝らしたディナー。ハワイの食の進化に驚きの連続でした」(飛田さん)

2日目、いよいよファームへ!

採れたてのにんじんをその場で洗って食べさせてくれる演出も。
ハザマシェフによる、青空の下でのランチ・ライブクッキングはこちらでも大好評!
実はハワイのマクドナルドでも使用しているという、マリズ・ガーデンのレタス。肉厚で甘みのあるバターレタスなど種類もいろいろ。

おいしいだけでなく、 未来を考えるきっかけにファンタシー・ダイニング

レタスやにんじんなどの野 菜を水栽培すると同時にティラピ アやスワイといった淡水魚を養殖 するシステム、アクアポニックス を営む“マリズ・ガーデン”。
未来農業スタイルともいわれる地球 にやさしい栽培方法を、農場巡りしながら学んだ後、ハザマシェフ 率いるシェフチームによるランチで締めくくりる、学びと楽しみの両 方が詰まった充実のツアーでした。

「ただおいしいディナーをいただ くだけにとどまらず、その先にある光景(農業の実態)と未来への 問題(環境)についても考えるいい機会になりました。散策してお弁当を食べてという、おとなの社 会科見学的な流れも楽しかった!」(飛田さん)


■ファンタシー・ダイニング・シリーズ
セントラル・ダイニング・リザベーション・センター TEL808-921-4600



『おとなスタイル』Vol.4 2016夏号より
(撮影/長野陽一)

最終更新:10/16(日) 9:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。