ここから本文です

ラフなワンカールでこなれ度アップ! ミニマム身長でも大人っぽいボブに♪

集英社ハピプラニュース 10/16(日) 19:00配信

ワンレングスにカットしたきれいめボブは、身長が低めだと子どもっぽく見えてしまうことも。そんなときは毛先にソフトなワンカールをプラスし、ばさっとラフに散らしてみて! 巻きをゆるくすることで抜け感が生まれるから、大人の雰囲気にマッチするおしゃれフォルムが完成します。

平行ボブの中間~毛先にかけて、すき間を作るように毛量を調整してやわらかい動きが出るようにカットするのがポイント。太めのロッドでワンカールのパーマをかけ、毛先に空気感たっぷりの丸みをもたせます。髪がペタンコになりやすい人は巻く範囲をハチあたりまで上げると根元の立ち上げが良くなる!

ワックスですこし束感を出すとカジュアルな可愛さに♪ 全体にアプリコットベージュをカラーリングするとツヤと透明感が増し、明るい表情をアシストしてくれる。


<HAIR DATA>

顔型 丸顔・面長・逆三角形・ベース型
髪質 硬○○●●●柔
クセ あり○●●●●なし
毛量 多○●●●●少


撮影/Hayato Ikeda スタイリスト/榎本智美(Grow by GARDEN) モデル/福地夏未 文/井上ハナエ

最終更新:10/16(日) 19:00

集英社ハピプラニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。