ここから本文です

文学小説を読むとEQが上がるという研究報告が相次ぐ

ライフハッカー[日本版] 10/16(日) 8:10配信

Inc.:オバマ大統領の夏の読書リストには、小説がたくさん入っています。ヴァージン・グループ会長のRichard Branson氏が最も影響を受けたという本のリストも同様です。この超多忙な2人のアイコンが、なぜ忙しいスケジュールを縫ってわざわざ古典文学や、将来古典になりそうな本を読んでいるのでしょう?

それは、今科学者たちが立証し始めているある事実を、彼らが直観的に知っているからかもしれません。それは、偉大な小説を読むとEQ(心の知能指数)が上がるという特異な効果のことです。

文学には時間を費やす価値があるという科学的根拠

複雑な文学と、心の能力の向上に因果関係があることを最初に提唱したのは、ニューヨークのニュースクール大学の心理学者、David Kiddと Emanuele Castanoの両氏です。2人は数年前に、著名学術雑誌『Science』で、文学小説を読むことと、人のより細かな表情を読む能力に因果関係があるという研究論文を発表しました。

しかし、その研究報告にすべての人が納得したわけではありませんでした。2人がその仮説を実験するために使った文学のサンプルは、ほんの一握りの、いささかランダムな本だと批判する人がいたのです。そのような限られた実験によって大ざっぱな一般論を導いてよいのか、という疑問です。そこで Kidd氏とCastano氏は、追加実験を計画しました。

前回の実験は、被験者にDon DeLillo やLouise Erdrich の作品の一部を読ませるというものでしたが、今回は、2,000人以上の人に、多くの著者のリストのうち何人を知っているかを聞きました。文学小説作家をたくさん知っている人は、たくさん文学小説を読んでいるはずだと推定したのです。そして、対象者に目の写真を見せ、写真の人物がどのような感情を抱いているかを識別させたのは、前回と同様です。

「結果には、明確なパターンが存在しました。より多くの文学小説作家を知っていた参加者ほど、感情認識テストの成績が高いという傾向があったのです。この因果関係は、心の能力や文学小説の多読に関わる他の因子――学歴、性別、年齢など――の影響を差し引いても、まだ認められました」。研究結果をこうまとめているのは、英国心理学協会のブログ「Research Digest」です。

1/2ページ

最終更新:10/16(日) 8:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。