ここから本文です

好調リバプールvs苦境マンU。 悩めるルーニーの出番はあるか?

webスポルティーバ 10/16(日) 15:16配信

 代表ウィークを挟んで2週間ぶりに再開するプレミアリーグでは、リバプール対マンチェスター・ユナイテッドのノースウェスト・ダービーが予定されている。 

【写真】バイエルンの連勝を止めた前節。価値あるドローに貢献した大迫勇也

 イングランド・フットボール史上最も成功を収めてきた2クラブ(リーグ優勝回数はユナイテッドが最多の20、リバプールは2番目の18)の対戦は、毎回激しい争いとなり、プレミアリーグ時代だけでも16枚のレッドカードが飛び交ってきた(これより多いのはリバプールとエバートンのマージーサイド・ダービーの21枚)。

 昨シーズンには、ヨーロッパリーグのラウンド16でも相まみえ、サポーターたちの相手を罵るチャントや発煙筒の使用などにより、両クラブはUEFAから罰金のペナルティーを課せられている。今回の対戦の前には、双方の連名でファンに攻撃的な行動を慎むように警告が発せられたほどだ。

 その3月の対戦を勝ち上がったリバプールが、今回のプレミアリーグ第8節をホームで戦う。大手ブックメーカーの予想でも彼らが優位とされているように、目下リーグ4連勝中のレッズ(リバプールの愛称)が勝利に近そうだ。就任2年目のユルゲン・クロップ監督が望む新戦力を手にしたチームは、着実にこのドイツ人指揮官の色に染まっている。

 今シーズンの第7節までで、リバプールはシュート、パス、スプリント、走行距離のすべてでリーグ最多を誇り、得点数も首位マンチェスター・シティと並ぶ最多の18を記録。「ゲーゲンプレッシング」と呼ばれる激しいボール狩りと素早いパス回しをベースに、極めてアクティブなスタイルを標榜するチームは、現地メディアから「最新のフットボール」と賞賛されている。

 ただし、不安材料もある。インサイドハーフのレギュラー、ジョルジニオ・ワイナルダムとアダム・ララーナの出場が危ぶまれているのだ。

 前者はオランダ代表として出場した欧州W杯予選のフランス戦で臀部(でんぶ)を負傷し、後者は前節のスウォンジー戦で鼠径部(そけいぶ)を痛めた。今季リーグ戦の全試合に出場してきた主力2人が欠場することになれば、大きな痛手となるのは間違いない。

 代役にはエムレ・ジャンやルーカス・レイバという堅い選択肢を取るか、あるいはフィリペ・コウチーニョを中央に回して攻撃的にいくのか、それとも──。クロップ監督の采配に注目が集まる。

1/2ページ

最終更新:10/17(月) 13:20

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

Yahoo!ニュースからのお知らせ