ここから本文です

「24時間以内に触ったもの」を並べてみれば、本当のあなたがよくわかる

WIRED.jp 10/16(日) 12:30配信

毎日自分が使っている数え切れないほどの物について考える人は、そうはいない。コーヒーカップ、ノートパソコン、買い物袋…リストは延々と続く。しかしパウラ・ズコッティは常にそのことを考え続け、それを驚くようなプロジェクトへと変えてみせた。それが『Everything We Touch』だ。

【ロサンゼルスで行われた撮影の様子、十人十色の触ったものフォトギャラリーはこちら】

この作品では、世界の11カ所で暮らす62人が24時間以内に触ったすべての物が、きめ細かくカタログ化されている。

ズコッティはすべての物を時系列順に並べることで、ひと目でその人の日常生活がわかる魅力的な作品をつくりだした。SFXアーティストやシェフ、5才の男の子、さまざまな人が登場するが、彼女はそれらを1冊の写真集にまとめた。

このアイデアは、プロダクトデザイナーと民族誌学者、トレンド予測家というズコッティの経歴から生み出されたものだ。

これまでの15年間、彼女は世界中を旅しながら、人々と物との関係について研究してきた。彼女は『Everything We Touch』を一種の未来考古学だと考えている。

「過去の文明についてのわたしたちの知識は、過去の人々の持ち物を集めてそこから推察することで得られたものです」と彼女は言う。「持ち物や道具、台所用品、文房具、洋服、原稿、アートは、その持ち主がどんな仕事をしていて、何を狩り、どう成長し、何を食べたのかを教えてくれるんです」

写真集に収められた魅力的な職業や趣味をもつ人々のなかにはカウボーイやコスプレイヤー、肉屋などもいる。年齢は生後1カ月から71歳までと幅広く、住んでいる場所もロンドン、東京、マラケシュなどさまざまだ。

ズコッティは、彼らに対して、ある1日に触ったすべての物をカタログ化してくれるよう依頼した。同じ物に繰り返し触れたとしても、1つの物を記録するのは1度だけだ。ドアノブやクルマなど大きすぎる物は除くが、電車のチケットやレシートなど、どんなに些細な物も含まれている。ズコッティは食べた物や使ったお金の額まで尋ねた。そして、その人ごとに1日の流れに沿ってそれぞれの品物をレイアウトしていった。省略される物はない。「正直であることは、要約するということの本質です」と、彼女は語る。

撮影には、スタジオの照明機材と統一感のある見た目をつくりだすための白い背景が必要だ。ゆえに、各都市で彼女はスタジオをレンタルした。13 × 9フィート(約396 × 274cm)サイズのキャンヴァス上にすべてレイアウトし、その約3m上からデジタル1眼レフカメラ「Canon 6D」と広角レンズを構える。iPhoneで手軽に写りを確認したり、カメラセッティングを変更したりしながら、しかし加工は一切せずすべてを1枚の写真でとらえている。

写真集の出版はすでに終えたが、ズコッティはまだ写真を撮り続け、1日に触ったすべての物を写真に撮ってEメールで送ってほしいと人々に頼んでいる。

このプロジェクトは文化や地理による差異についての視覚的な対話であり、どれだけ共通している点が多いかを知るための方法だと彼女は考えている。「わたしたちが自分自身について少しでも再発見できるというのが狙いなんです」と彼女は語る。

TAYLOR GLASCOCK

最終更新:10/16(日) 12:30

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。