ここから本文です

イエモン、再集結後は楽屋が賑やかに? 吉井和哉「昔はみんなタバコ吸ってたしね」

リアルサウンド 10/16(日) 10:58配信

 バカリズムとマギーが司会を務める音楽番組『バズリズム』(日本テレビ系)の10月14日放送回に、THE YELLOW MONKEY、miwa、山崎育三郎、放課後プリンセス、神田莉緒香らが出演した。

 音楽シーンに口コミ(バズ)で広がる、最新の音楽や話題の楽曲を発信していく同番組。番組放送と並行してTwitterと連動、出演者に関するツイートをまとめて表示し“今”バズっている音楽情報を閲覧できるほか、音楽ファンと親和性の高いSNSを情報源にしながら、さまざまな“バズミュージック”を紹介していく。

 トークゲストの一番手には、マギーが大ファンだというTHE YELLOW MONKEYが登場。番組ではバンドの名曲を振り返る映像を放送すると、当時議論が巻き起こった「JAM」の誕生秘話について、吉井和哉は「『太陽が燃えている』の次の曲で、もう一回ポップな曲を出して欲しいと頼まれたけど、私たち的にはロックンロールアンセムを作りたくて」と反発したことを告白。また、<外国で飛行機が墜ちました ニュースキャスターは嬉しそうに「乗客に日本人はいませんでした」>という歌詞について「世の中の不条理を書いてたらたまたま海外で飛行機事故があって、ニュースを観て『うれしそうにするのはまずいんじゃないの?』って。でも本当に言いたいのはそこだけじゃないんですけどね」と述べた。

 続けて番組は「THE YELLOW MONKEYのここが変わった 劇的変身ビフォーアフター」として、再集結の前後で何が変わったのかを紹介。まずは楽屋でのメンバーについて、「昔は喋らなかったが、今はうるさい」という変化が起こったようで、吉井は「昔はみんなタバコ吸ってたしね。その間喋ってない」と語ると、菊地英二は「もうみんなタバコやめちゃったからね」と、全員が禁煙したことで会話が増えたとコメントした。

 また、メンバーのやりとりについては「電話→グループLINE」に変わったとし、その理由について菊地英二は「「再集結前に『LINE始めねーとやれねーぞ』って言った」とし、グループLINEの中身を公開。吉井が「わりと見せれるやつを」と語り、新曲の感想をメンバーがそれぞれ投稿するというトークを紹介したあと、吉井は「マギーさんがファンだと知って、ライブにも来てくれたからアイコンを(マギーの写真に)変えたけど、変わりました」と、マギーの恋愛にまつわる報道を機にアイコンを変えたことを告白した。

 コーナーの最後には、「ライブの打ち上げは朝までコース→きっちり1次会で終了」という変化に触れると、バカリズムが「お酒が入って変わるのは?」と質問。メンバーは広瀬“HEESEY“洋一と菊地を指名し、その理由について吉井は「HEESEYはこの間もツアーファイナルで飲みすぎて、植木に怒鳴ってた」と明かし、「ALRIGHT」をパフォーマンスした。なお、Huluと日本テレビの共同プロジェクトによる新音楽番組『TOKYO BEAT FLICK』では、ライブの完全版を配信中。インタビュー&ライブ個人映像も追って公開されるという。

 ほかにも、武井俊祐(ヴィンテージ)がロケを行ない、アーティストの魅力を探る「緊急指令! 今すぐ探リズム」では、神田莉緒香のラジオにゲスト出演した今回の放送。次回は木村カエラ、Sexy Zone、TRUSTRICK、林部智史、XOXなどが出演する予定だ。

向原康太

最終更新:10/16(日) 10:58

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。