ここから本文です

旅する人とその「愛車」たちの、11の美しいシーン

WIRED.jp 10/16(日) 21:30配信

専門家たちの意見が正しければ、いつの日かクルマを運転するのは人間ではなくて、よく訓練されたロボットが行うようになるだろう。年間100万人以上が自動車事故で亡くなっていることを考えれば、これは好ましいことだ。自らハンドルを握りロードトリップに出かけることがなくなるのは、ちょっと悲しい気もするが。

【改造した愛車とともに。フォトギャラリーはこちら】

しかしそんな日が来るまでは、人間は自由に運転席に座りどこでも好きな場所に出かけることができる。道路上で命を守る最善の方法は、自分で運転することだ。

ドイツの出版社・ゲシュタルテンから出された『Off the Road』で描かれているのは、冷蔵庫やBoseのサラウンド・サウンドシステム、シャワーを装備したクルマで暮らしながら、何年もかけて大陸横断している勇敢な人々たちの冒険だ。

AARIAN MARSHALL

最終更新:10/16(日) 21:30

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。