ここから本文です

メッシが豪快弾で新たな金字塔! リーガ史上最多の本拠地180ゴールを達成

Football ZONE web 10/16(日) 11:39配信

途中出場のデポルティボ戦で復活の一撃 ホーム176試合目での新記録

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、15日の本拠地デポルティボ・ラコルーニャ戦で後半10分から途中出場。右足付け根の肉離れで9月21日から離脱していたエースは、復帰わずか3分で左足で豪快な一撃を決める千両役者ぶりを見せつけた。メッシはリーガ史上最多の本拠地180ゴールを記録する金字塔を打ち立て、4-0の勝利に貢献した。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 超満員のカンプ・ノウが揺れた。スペイン代表MFブスケッツの代わりに背番号10がピッチに降り立った。2日の前節セルタ戦(3-4)で敗れるなど嫌な空気に包まれていたバルサだが、3-0のリードで迎えた後半13分にメッシが魅せる。エリア内左で相手DFと競り合いながらパスを受けると、ダイレクトで左足を振り抜き、強烈な一撃をゴールネットに突き刺した。

 この一撃はリーガの歴史に残るゴールだった。スペイン地元紙「スポルト」によると、これは1940年代から50年代までアスレチック・ビルバオなどで活躍した伝説的なスペイン代表FWテルモ・サラ氏が記録した、リーガ本拠地179ゴールを塗り替える180ゴール目となった。

「ピッチに3分いるだけで…」と同僚も脱帽

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも150得点と猛追しているが、メッシは176試合目にして金字塔を樹立。リーグ戦での本拠地のゴール率が100%以上という、衝撃的な得点率を誇っている。

 この日、2得点を決めたブラジル代表MFラフィーニャも「メッシ? ただただ世界最高の選手だよ。簡単だろ? ピッチに3分いるだけでゴールを決めるんだから」と脱帽している。

 スーパーエースの帰還により、バルサは再び無敵モードを突き進むのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/16(日) 11:39

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ