ここから本文です

イスコ、出場機会が得られず来夏退団も。移籍先はプレミアリーグ?

フットボールチャンネル 10/16(日) 12:40配信

 レアル・マドリーのイスコの退団の可能性はまだ残っているようだ。英紙『インディペンデント』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 イスコの獲得に興味を示しているのはトットナム。今夏の移籍市場でも獲得を目指したトットナムであったが、その時は合意に至らず。しかし、イスコに対する興味は失っていない。

 8節のレアル・ベティス戦ではスタメン出場を果たし、2得点を挙げたイスコであるが、マルコ・アセンシオやマテオ・コバチッチら若手の台頭、トニ・クロースとルカ・モドリッチというジネディーヌ・ジダン監督の信頼の厚い2選手もおり、出場機会は限られている。

 記事によると、レアルとイスコの契約は2018年までとなっているため、来夏の移籍市場では残り契約期間は1年という状態で迎える。そのためトットナムとしては大金を積まずに獲得することができる。

 果たして来夏のイスコのトットナムへの移籍はなるのだろうか。レアルでスタメンを勝ち取る可能性も捨て切れてはいないが…。

フットボールチャンネル

最終更新:10/16(日) 13:36

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。